アジアエンタメ  福岡タウン情報  イベントレポ  FAEPについて  問い合わせ  免責事項  お知らせBBS

アーティストレポート

(7/16)
NHK福岡:主催『とことんK-POPプレミアムライブ』
U-KISS
FAEPインタビューレポート
in ZEPP FUKUOKA




<スヒョンパパがまとめるU-KISSファミリー>

U-KISSメンバーの楽屋へお邪魔しました。
メンバーの数だけでも7名。 そこに通訳さんを始め、たくさんのスタッフの方々がスタンバイ。
そのスタッフの方々とも気さくに会話をしているメンバーに、フレンドリーなイメージをとても感じました。
通訳さんのすぐ隣にはリーダーのスヒョンが座り、インタビューは基本的にスヒョンが答えてくれるという形に。

まずはお土産。おなじみの博多弁タオルのプレゼントです。 やはりメンバーが「すいとーよ」の言葉に反応を示してくれていました。 韓国語の「シックロ(うるさい)」という歌がある彼らに、同じ意味を持つ博多弁「せからしか」をお勧めすると、早速練習をしてくれていました。関西に拠点を置く彼らは関西弁の勉強もしているようですが ぜひ博多弁も覚えてくれたら、と思い選らんだプレゼントでした。

前日から福岡入りしていたメンバー。 ツイッターでも福岡の印象などを語ってくれていたので、昨日の夜何を食べたか聞いてみました。
「とんこつラーメン」とすぐに答えたものの、通訳さんから「それは昼でしょ?」と突っ込まれ、 あっ!という顔をして、
すぐに「モツ鍋たべました!」とスヒョン、 隣に座っていたドンホとケビンも「モツ鍋~」と笑顔で答えてくれました。
その笑顔から、福岡の夜を楽しんでもらえたのだなと分かりました。
また福岡の街並みで気になった所はありますか?との質問には 「海がキレイ」「山も港もキレイ」との答え。どうやら空港からの高速道路から見えた光景のようでした。 すかさずスヒョンが「全部すごいです」と付け加えてくれました。

8/24にミニアルバム「Bran New Kiss」の発売を控えている彼ら。 聞きどころ、見どころを聞いてみると
「僕たちはホントに0330が好きです」と日本語でしっかりと語ってくれるスヒョン。
それから韓国語で 「0330は以前のU-KISSよりもやわらかい振付になっています。 表情など心から表現出来る音楽を聴いてもらおうと努力しています(心掛けています) 今までのU-KISSを知っている人たちに“よりカッコよくなった、より感情的”な部分をお見せ出来ると思います。」と続けてくれました。
そう話終わったあと、スタッフからの助言が入り「初めて日本語での歌にチャレンジをしたという事も きちんと伝えなさい」と言われ、慌ててスヒョンが「日本語がんばりましたっ!」と力説していました。

2008年のデビュー以来根強いファンを持つU-KISSメンバーに、「うちのファンはここがすごい!」と思う部分を聞いてみました。
「声が力強い、声が大きい事が素晴らしいと思う」と答えてくれたのはドンホ。 「少人数しかいない会場でもなぜか10倍、またそれ以上いるように舞台上で感じさせてくれるのでとても感謝しています」と言うと 「もちろんたくさん来ていただければ嬉しいです」と付け加えたのはケビンでした。 ファンの気持ちはしっかりとメンバーに届いているようです。 本当に嬉しそうに自慢げに話してくれました。

大阪で共同生活をしているという事もあり、U-KISSを『ファミリー』として考えた時、誰がパパで誰がママですか?また兄弟の長男とマンネは誰ですか?という、ちょっと砕けた質問をしてみました。
すかさず「僕がお父さんです」と答えたのはリーダースヒョン。 理由を聞いてみると「リーダーだから、僕は怖いですから」との事。 ではお母さんは?と聞くと、メンバーがみんなで「ケビン!」と答え、ケビンは照れくさそうに、でも嫌だと拒否する風でもない様子でした。それでもそんなケビンを見て申し訳ないと思ったのか、 突然スヒョンは「あー僕はシングルファーザーなんです」と寂しそうな顔をしておどけてみせてくれました。
「あとは皆さん兄弟ですか?」と聞くと「僕はペットの犬です」と答えたのはドンホ。 するとメンバーも「可愛い小型犬」「イケメンの犬」と大騒ぎ。 兄弟の長男は一番勉強ができるフン。末っ子にはここでもまたケビンの名前が・・・でも後で 一番末っ子で長女というオチが付いていました。
メンバーの中にはテコンドーや中国武術といった格闘技を得意とするメンバー(イライ、フン、キソプ、ドンホ)も多いので「お父さんは大変ですね?兄弟喧嘩があったら大変ですよね?」と聞くと スヒョンパパは「僕も10年以上テコンドーやってるから大丈夫です」とガッツポーズを見せてくれました。

最後に、「またぜひ福岡に来てください、その時には今度は「おかえりなさい」と皆さんをお迎えします。」と話すと、メンバー全員が「あぁ!!」と、とても嬉しそうな笑顔が。 この日の会場は福岡のYAHOOドームのおひざ元であるZEEP福岡だったこともあり いつかドームでライブをやりたい、ここにまた戻ってきたいと語ってくれた彼ら。 メンバー同士がとても仲が良く、スタッフも一丸となって目標へ向かっている姿を目の当たりにし、ドームライブ実現もそんなに遠い未来ではないのでは、と強く感じさせてくれた時間でした。


(文:森下恵美子、宮崎聡子)



とことんK-POPプレミアムライブイベントレポート
★NHK福岡 http://www.nhk.or.jp/fukuoka/
★U-KISSオフィシャルサイト http://u-kiss.jp/index.html




"Pray For JAPAN"project 
 へご賛同いただきました
 
 



(TOPへ) << 55 54 53 52 51  >>