イベント情報 お知らせ  イベントレポ  ふくおか!  FAEPについて  免責事項 問い合わせ

イベントレポート

(2013/12/27)
チョン・ドンハ
Japan 1st ファンミーティング ~Rock X-mas with Dong Ha~
2013.12.23(MON) 日本教育会館一ツ橋ホール

©MENTOR

圧倒的な歌唱力と表現力で人々を魅了するチョン・ドンハが、12月23日、日本教育会館一ツ橋ホールにて
「チョン・ドンハJapan 1st ファンミーティング ~Rock X-mas with Dong Ha~」を開催しました。
大きな拍手と歓声に迎えられながら登場したチョン・ドンハのファンミーティングは、プファルの♪『思い出す』から
スタートし、間奏部分で送られる会場が揺れるほどの大歓声に、胸に手を当てながら「ありがとう!」と感謝の気持
ちを表現。ソン・スンホン主演のドラマ「男が愛する時」のOST♪『最初のボタン』をクールに歌い上げると、ドラマの
名場面を彷彿とさせる美しい歌声で老若男女問わず聴く者全ての心をわしづかみに。

トークタイムではプファルのボーカルになったきっかけを尋ねられ、軍入隊中に歌手になりたいと思い、韓国で芸術
の街として知られる弘大でライブ活動していたことを告白。そこで、ある作曲家から声をかけられ、メンバーを紹介
してもらったという経緯を明かしました。「とても有名なグループなので、メンバーから「一緒に活動しよう」と誘われた
時はびっくりして信じられなかったです。」と当時を振り返り「3ヶ月後くらいにレコーディングをしようということになり、
それが20周年を記念するアルバムになりました。初めてのコンサートが20周年記念コンサート(笑)周りが年上の先
輩方ばかりなので、急に老眼になったような錯覚を起こしました(笑)」と茶目っ気たっぷりに語りました。

MCを務めた藤原倫己と共にサンタクロースの帽子をかぶり、ツリーに飾り付けをした後は、ライトアップされたクリス
マスツリーと星のように輝く照明をバックに♪『ホワイトクリスマス』を披露。続く♪『シルバーベル』ではチョン・ドンハ
がカゴの中のキャンディを配りながら客席を歩き、場内は興奮に包まれます。キャンディが渡らなかったファンには握
手で対応する温かい気遣いを見せ、ステージに戻ると誕生日が近いファンへバースデーソングをプレゼント。名前の
部分を「My Angel」と歌い、会場に訪れたすべてのファンへの思いやりを感じることができました。さらに、来年には
オフィシャルファンクラブが発足し、今後は最新情報がファンクラブを通して公開されることが発表され、客席から喜
びの声が上がりました。

©MENTOR

チョン・ドンハに関する○×クイズでファンと交流するコーナーでは、最後まで残った4名に、ミュージカル「Jack the
Ripper」の出演者&スタッフ用の帽子、韓国の番組で着用したTシャツ、2010年のワールドカップで応援した際
に着用したというTシャツ、プファルの最新アルバムを、すべてサイン入りでプレゼント。
その後、安全地帯の♪『ショコラ』を歌う彼の甘い歌声にファンは改めて酔いしれ、マント姿で自身が出演する
ミュージカル「Jack the Ripper」の♪『止められない』を披露した際は、一瞬で「Jack the Ripper」の世界観
に引き込む迫力と力強いパワーに感嘆の声と拍手が起こりました。チョン・ドンハが黄色いジャケットをはおり、
リボンのカチューシャをつけた男性バックダンサーと盛り上げたテ・ジナの♪『同伴者』で客席は総立ちとなり、キム・
ボムリョンの♪『風、風、風』を歌い上げると、ファンがジャンプして場内のテンションは最高潮に。後に♪『同伴者』
のバックダンサーはマネージャーだったことが明かされ、会場が笑いの渦に包まれました。


©MENTOR

ここで、先ほどチョン・ドンハが衣装チェンジのためにステージを離れた際に藤原倫己とファンがこっそり練習していた
彼へのサプライズが実行されました。サプライズとは、客席を3つのブロックに分け「イルボン チョッペンミティン(日本
初ファンミーティング)」、「チュッカヘヨ(おめでとうございます)」、「メリークリスマス」と叫んだ後に全員で「サランヘヨ」
と伝えるというもので、藤原倫己の合図でファンの声が響くと、チョン・ドンハは「鳥肌が立ちました!!」と感激した様
子で満面の笑顔。

勇気をくれる思い出の曲だというイム・ジェボムの♪『飛翔』、アンコールではプファルの♪『友よ、君は知ってるか』
を熱唱し、ロマンチックな雰囲気が漂うクリスマスにぴったりな、彼の魅力が詰まった記念すべき初ファンミーティング
が幕を閉じました。2013年は、4作品のミュージカルに出演したチョン・ドンハ。今後も歌手活動はもちろんのこと、
ミュージカルを土台として映画やドラマなど演技にも積極的に挑戦したいと抱負を語った彼の活動から目が離せま
せん。



©MENTOR
(文:近田 侑希)

◆2014年2月チョン・ドンハ日本公式ファンクラブがオープン!



330
 329 328 327 326 >>