イベント情報 お知らせ  イベントレポ  ふくおか!  FAEPについて  免責事項 問い合わせ

イベントレポート

(2013/11/23)
JIRO with A.N.JELL  SPECIAL FANMEETING
2013.11.16(SAT) 品川ステラボール

©ASC

 2013年11月16日(土) 品川ステラボールにて、約5ヶ月半ぶりの再来日となるJIRO(飛輪海)が主演を務める
台湾版TVドラマ『美男<イケメン>ですね~Fabulous★Boys』のファンミーティングがA.N.JELLメンバーととも
に開催されました。

オープニングは、いきなりJIRO本人が“ハイ、ハイ、ハイ~!”と言いながら登場。
すぐにMC:Yumiさんと通訳の周さんもステージに出てきて、オープニングトークがスタートします。JIROは新しく覚え
た日本語としてTVドラマ「あまちゃんでお馴染みの「じぇ!じぇ!じぇ!」を連発して会場を笑わせます。ちょうど、
前日15日(土)はJIRO単独のファンミーティングがあり、そのことについては充実した1日だったことやA.N.JELLメン
バーのジェルミの誕生日でお祝いをしたことなどを会場に報告。またこの日のイベントについては音楽も盛り込んだ
内容になると、楽しみなコメントも話してくれました。


©ASC

そして、ここからドラマ『美男<イケメン>ですね~Fabulous★Boys』についてのトーク。JIROは「このドラマは韓
国版のリメイクで、台湾版もヨロシクお願いします!」と宣伝し、最初はドラマのワンシーン映像を鑑賞。
そのシーンとは、男性に扮してA.N.JELLの新メンバーの契約に来たコ・ミナム(ルゥルゥ・チェン)に対して、テギョン
(JIRO)がその歌の実力を確認するまでは、メンバーとして受け入れないと録音スタジオに鍵をかけて詰め寄り、
ミナムが天使の歌声を披露してメンバー入りを認める第1話の場面です。
映像が終わると、MCからDVD-BOX発売や12月9日朝10:30からBSフジにて放送されることが決まったことなどが
発表されます。コ・ミナム/コ・ミニョ役のLeLe(ルゥルゥ・チェン)、ジェルミ役のEVAN YO(エヴァン・ヨウ)、カン・シヌ
役のJACOB(ジェイコブ)とA.N.JELLの各メンバーの名前も紹介されたところで、皆さんお待ちかねのA.N.JELLの
ステージ。曲は、もちろんドラマ主題歌である♪『Promise』。この楽曲が韓国版と違うのは、テギョンことJIROの
ラップが聴けるところが新鮮なアレンジになっています。

1曲を終え、A.N.JELLメンバー各自の自己紹介とメンバー全員でのトークタイム。

MC:JIROさん、A.N.JELLの皆さんと一緒に演奏されていかがですか?
JIRO:初めてA.N.JELLとして日本に来ることができ、こうした舞台で皆さんにお会いできるのは、とてもうれしい
です。

MC:では、改めて、A.N.JELLのメンバーみなさんからの自己紹介とご挨拶をお願いします。
LeLe:日本の皆さん、こんにちは!私は、ルゥルゥです。私のことも応援してくださいね。
よろしくお願いします(日本語)。


*ここで“可愛い~。小顔ですねぇ”とMCが絶賛。前髪を下したガーリーな雰囲気の小柄のLeLeに客席からも
拍手が起こります。そして、“次は、JIROを飛ばして。。。”という振りにJIROが“なんでぇ~”と笑いを誘いながら、
メンバー紹介が続きます。

EVAN YO:こんにちは!私は、エヴァン・ヨウです。台湾から来ました。初めまして、よろしくお願いします(日本語)。初めてこうしたバンドの形で皆さんの前で演奏するのは、練習する時間もあまりなかったので緊張しました。
JACOB:
みんなに会えてうれしいよ!(日本語) 皆さんお会いできてうれしいです。皆さんの前で公演できて光栄
です(韓国語)。
JIRO:
はい、もう一度!皆さん、こんにちは。JIROです。よろしくお願いします(日本語)。


MC:JIROさんは、もう何度も日本に来ていると思いますが、メンバーの皆さんはいかがですか?
LeLe:初めて日本に来たのは、ドラマの撮影で沖縄に行ったのが最初で、今回、東京は初めてです。もし時間が
あれば、街をぶらぶらして何か美味しいものを見つけて食べたいと思います。

EVAN:
プロモーションの形での来日は初めてです。プライベートでは、日本の文化が好きでよく来ています。日本
の建物が好きで、特に古い建物が大好きです。食べ物では、つけ麺が大好きなので誰か一緒につけ麺を食べに
連れて行ってくれませんか?


*ここでJIROがEVANへ教えないといけないことがあると耳打ちすると、EVANが“ラーメン、つけ麺、僕イケメン!”
と日本語ギャグを披露。これには客席も大爆笑で、JIROの日本ギャグ好きが露呈します。

JACOB:今回が初めてです。まず、日本は漫画とコスプレが印象的で、コスプレが見たいです。

*ここで、JACOB本人がコスプレをしたいという意味に冗談交じりに勘違いされ、必死に否定する場面で笑いも
起こります。

MC:JIROさんは何度も日本に来ていますが、行った方が良い場所とかこれは食べた方がいいという
オススメのものはありますか?

JIRO:今回日本に来て最初にみんなでラーメンを食べ、あとは美味しい焼肉も食べているので、(食べ物ではな
く)是非、スカイツリーは行ったら良いと思います。


MC:ドラマ撮影の中で、何か想い出に残るエピソードなどありますか?
LeLe:いろいろ楽しいことはありましたが、JIROさんは世話焼きで彼がいるととても現場が明るくなりました。
セリフ合わせをする時もおかしくてセリフが出なかったこともありました。
JIRO:
沖縄に撮影へ行った時、世界最大の水族館や美しい青空と白い雲がとても印象的でした。


MC:泳いだりする季節では、なかったのですか?

JIRO:
寒かった時期でした。けれども海パンは持っていきました。

MC:どんな海パンですか?
JIRO:
(えっ~?!と驚いたように)恥ずかしい。。。海パンは海パンでしょ。でもバスタブで使いました。
せっかく持っていったので、使わないわけにはいかなかったです。

EVAN:
印象的なのは、4人が揃ってプールでプロモーション用の撮影をする時、とても寒かったので、きっと頭が
ボーっとしていたせいだと思いますが、JACOBはポケットに携帯を入れているのを忘れたままプールに入ってその携
帯が壊れてしまったことです。そこでひどいのは、皆JACOBのことをバカにして同情する人がいなかったことです。


*JIROの補足説明によると、携帯電話に「防水」と書いてあったのですが、JACOBは「潜水」と勘違いして、
水に入っても大丈夫だと思い、そのまま、水に入ってしまったということです。加えて、監督がとても怖い人で
“早く水に入れよ!”と言われたので、慌ててしまったというのも理由のようです。


この後はA.N.JELLメンバーそれぞれのソロパフォーマンス。トップバッターは、紅一点のLeLeからです。


MC:LeLeちゃん、今日は何をやりますか?
LeLe:
とても緊張していますが、ベース演奏を披露したいと思います。ベースは、高校生の時にバンドに入り、
その頃から習ってやっています。


*演奏は、とても重厚なベース音が会場に響き渡り、Coolでしぶい感じです。とても小柄で華奢な印象の
LeLeが演奏している姿は、彼女の雰囲気とは相反して見えてかっこよいです。


MC:次は、JACOBさん。何を披露してくれますか?
JACOB:
最初はギターを弾こうと思っていたのですが、事務所からギターだけでは駄目だと言われ、日本の歌を
披露しようと思います。声が裏返ってしまうかもしれないと不安ですが、皆さん、温かく見守ってください!とても、
緊張していて、お腹が痛くなりそうです。


*演奏した楽曲は、中島 美嘉の♪『雪の華』。最初の高音のサビ部分では、少し声が裏返ってしまい本人も照
れ笑いする場面もありましたが、とても声量があり、次第に安定した歌声は心地よかったです。
そしてJACOBのあとは、マルチなシンガーソングライターとしてのキャリアがあるEVAN YO自身が、書き下ろしの
ドラマのエンディング曲♪『いいよね?』を披露。ノリの良いポップなナンバーで観客を盛り上げます。


MC:これは、ご自分で作詞、作曲されたと聞きましたが?
EVAN:確かに僕が書きました。この場を借りて、ミナム役のLeLeには感謝したいと思います。彼女は僕が作った
デモテープを現場で一生懸命に聴いてくれ、また、周りのスタッフも励ましてくれました。この曲を書いた時の気持ち
ですが、一個人としてドラマの中のミナムへの愛の告白をするつもりで書きました。


MC:JIROさん、歌を聴いてどうでしたか?
JIRO:
僕もとても大好きな曲で、いつも歌いたいと思う曲です。メロディーもよくてドラマの色々な場面を思い出し
ました。



©ASC

ここで、A.N.JELLメンバーともっと触れ合いできる時間として「ハイタッチ会」が開催。観客の全員とハイタッチが
無事に終了し、記念撮影です。
そろそろイベントもエンディングとなり、A.N.JELLメンバーから最後の挨拶。


LeLe:
皆さん、大好きですねぇ。本当にありがとうございました。また機会があれば日本に来たいと思います。
EVAN:
気持ちはとても熱いです!本当にうれしかったです。言葉はわからなくても声援を送ってくれ、皆さんの
表情や手のぬくもりから気持ちを感じ取ることが出来ました。また、日本でお会いしたいです。
JACOB:今日は、うれしかったです。JIROさんやEVANさん、LeLeさんのファンしかいなかったと思いますので、
次は、僕のファンがいたらいいなあと思います。


*この一言に、MCからそんなことはないですよねぇ。と客席に問いかけると声援がおこり、みんなでJACOBを励ま
します。


JIRO:
今日は、うれしかったです。一番うれしいのは、毎回日本に来て皆さんにお会いすることです。
また、今回、A.N.JELLメンバーと皆さんにお会いできたことがうれしかったです。 今日は、いつもより時間が経つの
が早かったです。皆さんにありがとうと言いたいです。皆さんと簡単に別れることが出来ないので、この後、もう1曲、
歌いたいと思います。

イベントの最後は、A.N.JELLの最後の演奏曲は♪『相変わらず』で、とても和やかな『美男<イケメン>ですね
~Fabulous★Boys』スペシャルミーティングは、終了しました。
(文:五十嵐 砂利美)


【FC or BLOG



(TOPへ) << 320
 319 318 317 
316 >>