イベント情報 お知らせ  イベントレポ  ふくおか!  FAEPについて  免責事項 問い合わせ

イベントレポート

(2013/10/3)
ショウ・ルオ&レイニー・ヤン
『僕のSweet Devil』 来日囲み取材
2013.9.29(SUN) ラフォーレミュージアム六本木

©FAEP

9月29日、ラフォーレミュージアム六本木にて台湾発大ヒットドラマ「僕のSweet Devil」のDVD-BOX購入者を
対象としたイベントが開催され、キノコ頭のお坊ちゃまとイケメンプレイボーイの1人2役を熱演したショウ・ルオ、
クールな攻撃型オンナで新たな魅力を発揮したレイニー・ヤンが来日。イベント前には囲み取材が行なわれました。
放送から4年の月日が流れ、久しぶりに見るショウ・ルオ&レイニー・ヤンのツーショット。それぞれがさらに輝きを増
していましたが、二人の呼吸は変わらずぴったりでした。冒頭には、劇中で二人が大好きなピンクパンサーも登場
し、場を和ませます。

Q:「僕のSweet Devil」は2009年に台湾で制作され、月日が経った今でも日本で盛り上がりを見せて
います。そのことについてどのように感じていますか。


レイニー・ヤン(以下レイニー):だいぶ前のことのように感じますが、日本で放送されて嬉しいです。このラブコメ
ディは台湾のユーモアが含まれているので日本の方々にその部分が伝わるのか心配していましたが、伝わっている
のだなと思いました。そしてそれ以上に2人の恋の行方も楽しみにされているかと思います。


ショウ・ルオ(以下ショウ):華流のドラマというのは、台湾で放送してすぐに海外でも放送されることが多かったの
ですが、今回はだいぶ時間が経ちました。日本の皆さんに楽しんでいただきたいと思います。


Q:お二人の役柄がこれまでとは違うイメージでしたが、役作りにおいて苦労した点やおもしろかった
エピソードなどを教えてください。


ショウ:レイニー・ヤンさんは本当に素晴らしい女優さんで、スタッフも素晴らしい方々でした。このドラマは台湾版
エミー賞の台湾電視金鐘奨で5部門にノミネートされ、ヤンさんは最優秀主演女優賞を受賞しました。台湾だけ
でなく中国やタイで大人気を集めたドラマです。私の髪型もブームを起こしましたよ。


レイニー:ショウ君はこれまで出演したドラマはそれほど多くありませんが、それぞれのキャラクターが成功していると
思います。ですから私も力を入れてバオジュを演じました。役の性格は実際とはだいぶ違いますが、クールなところ
は自分に似ています。プレッシャーもありましたが、私たち二人は本当に楽しく撮影できました。



©FAEP


Q:もしまた共演するとしたら、どのような役を演じたいですか。

ショウ:悪者を演じたいです。レイニーさんは大金持ちの家のお嬢様で、彼女の父親が二人の交際を反対する
ような…そして実はレイニーさんのお父さんは、僕のお父さん。(日本語で)古いでしょ?古いよね?(笑)


Q:日本のファンに向けてメッセージをお願いします。

ショウ:やっと日本に来ました。私たちに会いたいと思っているファンがたくさんいらっしゃると思います。
今日、お会いできることを楽しみにしています。


レイニー:私は日本のファンは本当に幸せだと思います。なぜかというと、PRイベントは日本以外では行なったこと
がないからです。今回が最初で最後ではないでしょうか。いい作品があれば、その作品を携えてまた日本に来たい
と思います。


Q:イベントに対する意気込みを教えてください。

レイニー:一番楽しみにしているのは、最後のハイタッチですね。
ショウ:チュータッチ!(ハイタッチの要領でチューと口を突きだす仕草を見せるショウ。)
レイニー:(日本語で)私はハイタッチ(笑)


Q:前日に行われたライブで「僕のSweet Devil」の主題歌も歌われましたが、一夜経った気持ちを教え
てください。レイニー・ヤンさんがゲストだとおっしゃっていましたが最後まで出演されませんでした。あれは
ジョークだったのでしょうか。そして歓声がレイニーさんの方が大きい、とすねてしまっていましたね。

ショウ:私は舞台上でいたずらをしたくなるタイプです。ファンの皆さんにサプライズを与える一方、がっかりさせたく
なるので、それを言うついでにレイニーさんが日本でどれだけ人気があるのか、確認してみたかったので。
(日本語で)すごい有名でしょ?


歓声が大きかったことを聞いて、「びっくりした!」と驚くレイニーに対し、ショウは「「びっくりした」と言っているけど、
心では「あたりまえやん」と思ってるでしょ。」とにっこり。レイニーが「そんなことないよ!!(笑)」と否定し、笑いに包ま
れました。
和気あいあいとした中で質疑応答が行われ、二人とも日本のファンに会える時間をとても楽しみにしている様子
でした。


©FAEP

(文:近田 侑希、写真:木場美治)

◆『僕のSweet Devil』来日イベントのレポートはこちら!



(TOPへ) << 305 304 303 302 301 >>