イベント情報 お知らせ  イベントレポ  ふくおか!  FAEPについて  免責事項 問い合わせ

イベントレポート

(2013/9/8)
ジョセフ・チェン 「元暢和楽会~おかえり♡~」 ファンミーティングレポート
2013.8.24(SAT) イイノホール

©RitzPro.

2013年8月24日(土) 東京 日比谷公園に程近いイイノホールにて、台湾の人気俳優ジョセフ・チェン(鄭元暢)
が除隊後、初来日としてファンミーティングを開催。その模様をレポートします。

まず、オープニングは、昨日の空港でのファンに迎えられている様子から今回のファンミーティング当日朝(今朝)の
ホテルでの寝起きの映像が流れます。会場全体がスクリーンに集中しているとジョセフは会場の後ろ扉より登場。ゆっくりと客席に挨拶しながら会場を一巡してステージに上がり、MCのお笑いコンビの「あきげん」さんとのオープ
ニングトークです。

MC:まず、おかえりなさい!日本は、どれくらいぶりですか?
ジョセフ:ありがとうございます。1年ちょっとぶりです。

MC:では、久しぶりということで、日本に皆さんにメッセージをお願いします。
ジョセフ:皆さん、こんにちは!お久しぶりです!!

MC:先ほどの映像で、空港で大勢の方に迎えられていましたが、どう思われましたか?
ジョセフ:とてもうれしかったです。久しぶりに来て、皆さんの熱気が伝わってきたからです。
皆さん一人一人の名前は覚えていないかもしれませんが、顔は覚えていました!?

MC:あと、寝起きのシーンなど、すごいシーンがありましたけど。。。
ジョセフ:今日は重要な日でしたから、昨晩は眠れなかったのです。今日のイベントのことをずっと考えていました。
裸で寝ていなくて良かったです。

和やかな雰囲気でのオープニングトークに続いて、ここからメインプログラムがスタート!


■ちょっと、おしえてジョセフさん!!
 -ジョセフのニュースや映像、エピソードなどを見ながら振り返ってみるコーナー

①入隊前にリリースした『26375~Winding Road~』について
MC:この中では色々なチャレンジやメッセージ性もあったと思いますが、今振り返っていかがですか?
ジョセフ:今振りかえるととても不思議に感じます。それは、毎日仕事をやっていてこんなに時間の流れが早かった
かな?ということで、その時はあまり実感がなかったですが、改めてDVDを観ると、こんな色々なことがあったんだなぁ
と実感しました。時間の流れの早さにビックリしているのと同時に、現在、そして将来に対して、時間をどう大切に
していこうかと考えさせられました。映像の中にありますが富士登山は失敗したのでまたチャレンジしたいと思います。

②10月26日から公開の映画初主演の『花様』について
ジョセフ:とても特別な思いがある作品です。役柄的にはとても悲しい役で、それを演じるにあたって一度自分を
ゼロの状態にして役作りをしました。とても意義深くもあり、役柄を作り上げていく過程はとても楽しかったです。

*ここで、映画のハイライトシーンを鑑賞。とても美しい映像、衣装、そして音楽が印象的なラブストーリー。
ジョセフもついつい映像に吸い込まれてしまったとの弁。

③昨年8月から入隊してから、ファンに入隊を知らせたことについて
ジョセフ:性格的にあまり目立ちたくないのと、一時的にお別れをする場面が好きではなかったので。。。と、冗談
です。サプライズとして皆さんを驚かせたかったのです。

*入隊中、日本でいう海上保安庁のような隊に所属していて、大型船をバックに制服姿のジョセフの写真が映し出されました。これは国際海洋イベントでマスコミや一般の人たちに海洋の保護などのPRを行った時のものだそうで、映画の主人公のようなかっこいいジョセフです。

④隊中の訓練について
ジョセフ:入隊中は、芸能の仕事をしている時よりも時間がたっぷりあり、10年間俳優としてあまりゆっくり考える
時間がなかったので、とても良い時間が過ごせました。肉体的にも普段からジムに通って身体は鍛えているので、
そんなに大変ではなかったです。

*ここで、腕立て伏せを実際に披露してくれますが、軽々と行っている様子は確かに鍛えていることがわかります。
また、ジョセフの兵役期間は約11ヶ月間だったそうです。

⑤隊後、台湾でファンミーティングを行なったことについて
ジョセフ:今回、来場されている客席の中にも多数の方が台湾にも来られていますが、除隊後初の仕事として、
最初にファンとの交流を持ちたかったからです。

⑥除隊後、旅行に行ったことについて
ジョセフ:タイに行きました。 (*スクリーンには、料理とジョセフの写真が映し出されます。)
自分のレストランのシェフと一緒に、食の修行(勉強)旅でした。この写真の中でのおすすめのメニューは、ココナッツ
でできたアイスクリームにいろいろな木の実がトッピングされたデザートです。

⑦今後の活動について
現在、『イタズラなKiss~惡作劇之吻~』のチュウ・ヨウニン監督が、ジョセフのために書いてくれているという台湾
ドラマへの出演が決まっています。“楽しみにしてください!”とジョセフの弁。
内容については、まだ何も決まっていませんとのことです。


■ちょっと、えらんでジョセフさん!!
-ジョセフに関しての出題された質問にAとBの二択回答から正解を選ぶというコーナー

Q1.『26375~Winding Road~』の発売日はいつ?→ A 2013年6月19日 B 2013年6月18日
A1. A 2013年6月19日

Q2.『花様~たゆたう想い~』の公開日はいつ?→ A 2013年10月26日 B 2013年10月28日
A2. A 2013年10月26日

Q3. 本日の私服の色は?→ A 黒 B 白
A3. A 黒

Q4. 左足、右足のどちらから靴を履いた? → A 右足 B 左足
A4. A 右足

Q5. 来日して初めて食べたものは? → A ラーメン B 焼肉
A5. B 焼肉

Q6. 昨日、お風呂でどこから洗った? → A 頭 B 左手
A6. A 頭

Q7. 昨日、何回“おひさしぶり~”と言った? → A 5回 B 3回
A7. A 5回

Q8. 昨日の晩ごはんは何? → A しゃぶしゃぶ B 焼肉
A8. B 焼肉

Q9. 昨日の睡眠時間は? → A 7.5時間 B 8時間
A9. A 7.5時間

Q10. 昨日、何回、トイレに行った? → A 6回 B 8回
A10. A 8回

直感でしかわからないようなの計10問を終わって、12名のファンが残り、ここでジョセフとジャンケンをして勝ち残った
3名には、ジョセフがその場で似顔絵を描いてプレゼント。素早く描くジョセフの画はとても絵心があり、会場から歓
声と拍手が送られます。


■ちょっと、みたいよジョセフさん!!
-入隊前に撮影されたドラマ『ラブアクチュアリー~君と僕の恋レシピ~』のハイライトシーンを鑑賞し、このドラマに
ついてのトークコーナー。この作品は、台湾・韓国・中国のアジア各国の人気俳優が共演している作品で2014年
初旬にDVDリリース予定です。

*見どころについて
ジョセフ:一言でいうと、とても楽しいラブコメディです。自分の役柄は料理人の役で、過去に恋愛に傷ついたこと
で冷淡な性格です。人間関係も面白くて、料理と同じで甘かったり、辛かったり、苦かったりという人間模様が見
られます。韓国の女優 イ・ダヘさんとのラブロマンスもちょっとあります。


■ちょっと、おどってジョセフさん!!
-このコーナーでは、タイトルとおりにジョセフが躍ってくれるのかと思いきや、実は、ジョセフの後輩にあたる台湾の
お天気ガールズユニット「ウェザーガールズ」がビデオで指南した6種類の違う振付けを6グループに分けられた客席
のファンが実践して、ジョセフが審査するというものです。
ジョセフが選んだ最も揃っていたグループには、石鹸と今日の為に用意されたというジョセフのサイン入り生写真の
貴重なプレゼントが贈られました。ジョセフもファンも大盛り上がりの楽しいコーナーとなりました。

*余談ですが、このコーナーの最初、ジョセフの合図で客席は2つのグループに分けられ、それぞれ、“ハニー”と“ベイビー”と言わされるいたずらタイムもありました。


■ちょっと、ドキドキさせてジョセフさん!!
-イベント前に、客席のファンが、自分の携帯番号を書いたメモを入れたボックスからジョセフが選び、その選ばれ
た方に生電話をするコーナーで、合わせて、ジョセフの理想の愛の告白をしてもらえるというものです。その告白の
設定は、6年付き合って恋人同士で、お互いに向き合い手をにぎり見つめ合い、膝まずいて“愛している”と伝える
と彼女の手の甲にキスをするというものです。


©RitzPro.

■ジョセフからの手紙
 -久しぶりの日本ということで、ジョセフから日本のファンへの手紙が披露されます。
ゆっくりと日本語で手紙を読むジョセフ。

ジョセフ:僕たちが約束したこの日が、やっと来ました。どれほどの長い距離を越えなければいけなかったとしても、
皆さんは僕の記憶と心の中にずっといます。僕も皆さんの心の中にいますか?僕の記憶と心に存在してくれてあり
がとうございます。未来に向かって一緒に歩いていきましょう。

・・・とここで、客席のファン1人ずつに、イベント開始前に渡され練習もされていた “おかえり”ボードが、“おかえり~”のかけ声と合わせて一斉に掲げられるとジョセフは、“オ~~~!”と驚きの一声をあげます。改めて、“ありがとうございます!本当にビックリしました。”と感激しているジョセフでした。
この後、会場全体との記念撮影が行われ、ジョセフより最後の挨拶。

ジョセフ:本当にありがとうございました。これからの目標としては、自分の成績表を作りたいと思います。それは、
皆さんに見せるものではありませんが、皆さんは、その成績表の中に入っています。皆さん一緒にがんばりましょう!

こうして除隊後初のファンミーティングは、和気あいあいとして笑いの絶えない雰囲気の中終了しました。

(文:五十嵐 砂利美)


◆ジョセフ・チェン日本公式サイト http://joesfamily.jp
◆ジョセフ・チェン公式モバイルサイト http://ritzw.net



(TOPへ) << 
290 289 288 287 286 >>