イベント情報 お知らせ  イベントレポ  ふくおか!  FAEPについて  免責事項 問い合わせ

イベントレポート

(2013/9/4)
U-KISS
JAPAN LIVE TOUR 2013  ~ Inside of Me ~
2013.8.7(WED) ZEPP FUKUOKA

©avex

8月7日(水)、ZEPP FUKUOKAにて JAPAN LIVE TOUR 2013 ~ Inside of Me ~が開催されました。
久しぶりの来福という事もあり、会場はすでにたくさんのファンで埋め尽くされ、外にも負けないくらいの熱気があふ
れていました。
ピンク色のダイヤモンドの形をしたペンライトが揺れる中、黒いジャケットに白のパンツ姿、まるで童話の中から飛び
出してきた王子様の様な7人が登場。彼らがステージに現れるや否や、大歓声が会場に響き渡ります。

♪『ALONE』
♪『Forbidden Love』
♪『Shut Up !!』


「ALONE」ではハードに、そして『君を抱いて眠る』という歌詞そのままに、「Forbidden Love」ではセクシーに、
かと思えば今度は「Shut Up !!」ではセットのモニターとスモークの中でかっこよく、最初から飛ばしていく彼ら。
息のぴったり揃ったキレのあるダンスで一気にファンを魅了していきます。


©avex

「みなさん元気ですか~。こんばんは、U-KISSです。」
彼らの挨拶も聞こえないほどの大歓声の中でメンバーが一言ずつ自己紹介。
「みなさんのためにツアー準備を頑張りました。みなさん、最後まで盛り上がっていきましょう。」
と続いて披露してくれたのはユニットでのステージでした。

♪『Play Back』

ケビン、キソプ、AJ、ドンホによるステージ。Beat感のある曲に合せ、力強くセクシーなダンスで魅せてくれます。
彼らのダンスに合わせスクリーンに映し出される光が4人を繋いでいきます。

♪『PASSEGE』

スクリーンいっぱいに映し出される木漏れ日の差し込む森の中。セミバラードの曲にのせてスヒョンとフンの柔らかい
声が広がっていきます。イライのRapが心地よいリズムを刻みます。

♪『痛みよりもっと痛い』

スポットライトに照らされて、ぽっかりと浮かびあがったスヒョンとフンによるデュエット。二人の絶妙なハーモニーと
左右に揺れるペンライトが折り重なり、とても綺麗でした。

♪『Standing Still』

再度メンバーが全員揃ってキレのあるダンスが印象的です。
ここで「さっきU-KISSが歌った曲を紹介したいと思います。」と名MCスヒョンにより曲紹介。

スヒョン:まず、新しい曲。ケビン、キソプ、AJ、ドンホで「Play Back」。みんなかっこよかったでしょ?
ケビン:かっこよかったですか?みなさん。

にっこりと笑顔でファンに微笑むケビンに客席からは「かっこいい!!」と大歓声があがります。ドンホとAJも映像と
のコラボにファンタスティックで気持ちがよかったとご機嫌です。またキソプは「個人的に僕よりももっとケビンさんが
カッコいいと思います。」と発言。それを聞いて「ありがとう」とケビンがキソプに抱きつくと、傍にいたイライがキソプか
らケビンを奪い、ケビンと抱き合います。すると、他のメンバーも参戦し、みんなでケビンの奪い合いが始まってしまい
会場では悲鳴があちこちから聞こえていました。

おさまりのつかなくなったメンバーに最後はリーダー:スヒョンが「やっぱりケビンさんが、一番人気があります。ケビン
さんはいつもはソフトな感じなんですが今回の「Play Back」ではワイルドな感じ。衣装もカッコよくセクシーです。」
とまとめていました。

スヒョン:はい、次は「PASSEGE」。みなさん、「PASSEGE」はどうでしたか?この「PASSEGE」、歌詞とメロディ
がいいと思いますが、さすがイライのラップ。

イライ:スヒョンとフンも今日は髪型とかなんかいつもと雰囲気が違ってカッコいい。

髪型がいつもと違うと言われたフンは「僕は元々おでこ広いんです。今までは隠してただけ」と笑いを誘います。
話は、先日発売されたU-KISSの2ndアルバム『Inside of Me』へ。アルバムの中で個人的に好きな曲について
教えてくれました。

ドンホ:僕が一番好きな曲は「Thousand Miles Away」という切ないバラード。夜に聞くとホントに泣きそうに
なるくらい切ないバラードです。

フン:僕は「Play Back」が好きです。映像でかめはめ波のようなものが発射されるのがカッコいい。
(バン、バンバンバンと言いながら振付まで披露してくれました。)

AJ:私が好きな曲は「ALONE」です。メロディがいいし、ダンスがとてもいいと思う。

少し意地悪っぽく、スヒョンが「(「ALONE」で活動していた時)AJさん、いなかったですよね。6人の時がもっと
かっこよかったんだけど・・・」と言うとショック顔を見せるAJ。
他のメンバーは「酷い」とスヒョンを責めます。もちろん冗談だと分かってるメンバーとファンですが、最後はスヒョンが
「U-KISSは7人です。」とフォロー。「AJがいないならU-KISSじゃない」とフンがカッコよく締めてくれました。

ケビン:僕は「PASSEGE」が一番好きです。とてもいいメロディだし、僕ももっともっと歌いたかった。残念ですね。

「たぶんケビンさんが歌ったら似合う。ちょっと歌ってみて」とのリクエストに答え、少しだけ美声を披露するケビン。
そして「(担当を)替えましょう」というスヒョンに「PASSEGE」が持ち歌のフンが慌てて「僕が要らない?」と確認。
すると他のメンバーからフンに逆に「Pray Back」のリクエストがあり、少しだけ「Pray Back」のダンスを披露する
フン。自分の担当でない曲でもすぐに対応できる個々のレベルの高さに驚かされました。

キソプ:僕は「Pray Back」。ケビンさんの新しい姿が見れるので・・・

呆れたように、スヒョンが「いっつもケビンさんの事ばっかり」と突っ込みを入れると、ケビンは甘い声で
「僕、好きですか?」と囁きキソプと抱き合います。その横で怒った表情を見せるイライにケビンは「イライさん怒って
る?」と尋ねるので、拗ねた声で「浮気しないで」とイライ。そんなやり取りにファンは興奮した悲鳴を響かせます。

イライ:僕は、僕の声が入ってる曲全部好きです。

スヒョン:僕はやっぱり「Inside of Me」が好きです。「Inside of Me」のPVが個人的に好きなんですが、この曲
はもともとダンス曲なんですが、PVはダンスなしで表情や歌声だけで表現する事が出来て、これが一番かっこいい
と思います。

それぞれの思いが詰まっているアルバムなのだと彼らの言葉の熱さに伝わってきました。
続いて、ケビンから次の曲紹介。「みなさんと離れている時も僕たちの心はいつもそばにいるという事を歌で伝えたい
です。それでは次の曲は「Distance…」です。」

♪『Distance…』

ブルーのライトに照らされたステージ。スクリーンには宇宙空間のような映像が映り、その中に浮かんでは消えていくメンバー。とても幻想的な雰囲気に包まれていました。

♪『Thousand Miles Away』

南米ツアー時の秘蔵映像が流され、メンバーは一時バックへ。
U-KISSは今年の6月、ペルー、コロンビア、メキシコを回る南米ツアーを行いました。その時のステージ裏や観光
中の様子など、ステージでは見る事の出来ないメンバーの様々な一面を垣間見る事が出来ました。
赤と黒の衣装にチェンジしたU-KISS。クラブダンス調の曲に合せてカッコよく、そしてセクシーなダンスを披露しなが
ら次々に登場します。

♪『NEVERLAND』
♪『Tick Tack』
♪『One of You』
♪『Dear My Friend』

ステージの上を所狭しと駆け回りながら楽しそうに歌い踊っているメンバーの姿に、ファンもつられて一緒に歌ったり
踊ったりと楽しい雰囲気に。そして全てが一体となった会場は最高潮の盛り上がりを見せていました。
最後に、ファンのためにU-KISSのメンバー1人1人が日本語で書いたメッセージがスクリーンに流れました。

♪『Inside of Me』

最後の最後までカッコよく、そしてセクシーにファンを魅了したU-KISS。7人がステージを去った後も歓声は鳴り止
みません。そして会場には「U-KISS」コールが響き渡ります。その声に答えるようにツアーTシャツとカラフルなパンツ
に着替えたU-KISSが再登場。アンコールステージでは3曲を披露してくれました。

♪『Believe You』
♪『Man Man Ha Ni』
♪『The Only One』


途中のMCでは「Inside of Me」のメイキングビデオが流され、メンバーも座ったり寝転んだりとくつろいだ姿勢で
一緒に鑑賞。スヒョンの動きがおかしかったとメンバー全員に突っ込まれていました。
ケビンからは「今日はuBEAT(uBEATはケビン、イライ、AJの3人で作られたユニット)を披露していないから」と、
ほんの少しだけ歌って聞かせてくれる場面もありました。

また、ファンには嬉しいお知らせも。『U-KISSと行くファンツアー2014 in グアム』が決定。来年1月17日(金)~
3泊4日の日程で、U-KISSと一緒にグアムで泳いだりミニライブがあったりと盛りだくさんなイベントです。それから、
9月23日(月)には『U-KISS PREMIUM EVENT 2013 ~Endless Summer~』がパシフィコ横浜 国立大
ホールにて開催されます。

男らしくセクシーな、そして時折見せる無邪気な少年のようなメンバーのテンポ良い楽しいステージは、あっという間
に過ぎていきました。パフォーマンスとしてステージ上でファンに向けて魅せてくれる彼らの姿はもちろん素敵なのです
が、何より誰より、メンバー達自身がこの時間を力いっぱい楽しんでいるというのが伝わってきました。
楽しくて笑顔になったりセクシーな姿にドキドキさせられたりと、見ていて元気をもらえたように感じた今回のライブ。
これからますます深みを増していくだろう彼らから目が離せません。

(文:宮崎 聡子、森下 恵美子)


スヒョン©avex

フン©avex

AJ©avex
ケビン©avex

ドンホ©avex

キソプ©avex

イライ©avex
 



(TOPへ) << 290 289 288 287 286 >>