イベント情報 お知らせ  イベントレポ  ふくおか!  FAEPについて  免責事項 問い合わせ

イベントレポート

(2013/9/2)
「フェニックス~約束の歌~」 プレミアムイベント
2013.8.26(MON) パシフィコ横浜

©KJ-net

FTISLANDのイ・ホンギが初主演し、話題になった映画「フェニックス~約束の歌」のプレミアムイベントが8月26日
にパシフィコ横浜で開催されました。

同映画はイ・ホンギ演じるワガママなトップアイドル・チュンイが、些細なケンカで手を出してしまったことからホスピス
での社会奉仕活動を命じられ、そこで限られた時間を明るく生きる人たちと出会い、人生を見つめ直す姿を描い
た感動作です。スクリーンに映画のハイライトが映し出される中、マ・ドンソク、イム・ウォニ、チョン・ミンソ、そして
イ・ホンギとペク・ジニが登場。マ・ドンソクとイム・ウォニはテンションの高い自己紹介で会場を沸かせ、ペク・ジニが
イ・ホンギの第一印象を「やんちゃで、いたずらっ子」と話すなど、仲の良さを感じさせる和やかなムードの中で
イベントがスタートしました。

イ・ホンギは「いつもの感じと全然違って、恥ずかしいね(笑)」と照れた様子で、♪『Good bye Rough』を熱唱。
続く♪『Jump』のソロバージョンはアコースティック・アレンジされ、客席を見つめながらしっとりと歌い上げる姿が
印象的でした。日本語用オリジナルアクトでは、5人がミュージカルのように日本語で映画のシーンを再現。ペク・
ジニとチョン・ミンソの可愛らしい日本語のイントネーションに客席から温かい笑みがこぼれ、マ・ドンソクの華麗な
スティックさばきと迫力あるドラムパフォーマンスには感嘆の声が漏れます。イ・ホンギはイム・ウォニのパフォーマンス
を「いつやるの?」と観客に問いかけて「今でしょ。」という答えを求めるなど笑いを起こし、イム・ウォニはカラフルな
羽織を着たダンサーとのコミカルなダンスで会場を盛り上げました。

 ©KJ-net

トークコーナーでは、ペク・ジニの靴が椅子に引っかかってしまったことに気付き、すっと助けるイ・ホンギ。さりげない彼の優しさに歓声が起こると、隣にいたマ・ドンソクが同じようにイ・ホンギの足元にすっと手を出し爆笑を誘います。
そんな先輩たちの言動を楽しそうに笑うチョン・ミンソの可愛さも、会場中の人々を虜にしていました。出演者の
チームワークが抜群で、皆の茶目っ気たっぷりな素顔が雰囲気を和ませます。
さらに、印象に残っているシーンを映像と共に振り返り、自分以外の出演者のベストシーンを紹介しました。ペク・
ジニが選んだ名場面は、イム・ウォニ演じるボンシクが車から降りてナイトクラブに入っていくシーン。「普段は真面
目なイム・ウォニ先輩が、とてもおもしろく演じているので「さすが」と感じた。」というペク・ジニ。イム・ウォニ曰く、
ナイトクラブの入り口でつまずくところは余命がいくばくもないことを暗示したつもりだったそうですが、なぜかコミカルな
シーンになってしまったのだとか。
イム・ウォニは、イ・ホンギ演じるチュンイが幼い男の子を持つ母親の病室でギターを弾きながら歌を捧げるシーンを
選択し、「普段はやんちゃなホンギが歌を歌うと、素敵で惚れてしまいそうな魅力がありますよね。あのシーンは
映画の中で花のようなシーンだと思います。」と大絶賛。
イ・ホンギは、マ・ドンソク演じるムソンが最期の時を迎えるシーンを挙げ、「死ぬ人を見たことがないけれど鳥肌が
立ったし…なんか分からないんですよ。何回も見ました。」と言葉にならない様子でしたが、マ・ドンソクの方を向い
て「先輩、素晴らしいです。」と伝え、彼の言葉に同意するように客席からも大きな拍手が。

同映画に出演したことへの感想を、ペク・ジニ「生きていることに感謝し、両親にその思いを伝えました。」、
マ・ドンソク「エネルギッシュでご飯もよく食べるホンギとの撮影は楽しかったです。この映画に出演して演技について
様々なことを学び、感じることができました。」、イム・ウォニ「自分の周りの大切な人の存在を改めて感じました。
また、このようなイベントをする機会はなかなかないので、今この瞬間をもたらしてくれた意味のある作品です。」と
語りました。

映画の名台詞をリーディングするコーナーでは、ラストに近づくとチョン・ミンソが涙声になるほど映画の世界観が
そのまま表現されていました。イ・ホンギが♪『君と永遠に』、♪『オレンジ色の空』を歌った後は、「フェニックス」の
メンバーが登場し♪『Jump』を披露。撮影を通して、それぞれの役を演じながら “死”と向き合うことで“生”に
ついて考えたという出演者たち。その中で芽生えた絆が明るく、切なく、強い音として表れ、客席が総立ちとなって
感動に包まれたままイベントが終了しました。
イ・ホンギは「本当にありがとうございます。自分の人生を、自分の周りの人たちを大切にしよう!」とメッセージを送
り、FTISLANDとしてZeppツアーとソウルコンサートを控えているため「今、韓国でメンバーが、Zeppと韓国の
コンサートのセットリスト作ってる!」という報告もあり、ファンを喜ばせました。

 ©KJ-net

(文:近田 侑希)



(TOPへ) << 290
 289 
288 287 286 >>