イベント情報 お知らせ  イベントレポ  ふくおか!  FAEPについて  免責事項 問い合わせ

イベントレポート

(2013/8/3)
Juliet×CODE-V
Sweet by !! すうぃとーばい2013
supported by イムズ
2013.7.14(SUN) イムズホール

©FAEP

7月14日(日)イムズホールにて「Juliet」と「CODE-V」2組の競演による熱いライブが行われました。
「こんにちは、Julietで~す!!」と元気に登場したJulietの3人。デビュー曲の♪『ナツラブ』を始め♪『23:45』、
♪『ジモト』、♪『卒恋歌』、新曲♪『シアワセnavi』など13曲を披露。3人のテンポのいい面白トークで、すぐに
会場はJuliet色に染まりました。あっと言う間の1時間が過ぎ、次のステージへ。
「福岡、盛り上がっていくぞ~!!」
気合の入った掛け声とともに、白と青の夏らしい衣装で登場したCODE-Vが、さっそく3曲を披露。

♪『世界中が敵になってもきっと君を守り抜くから』
♪『Summer Love』
♪『そばにいるよ』

©FAEP 

「こんばんは。僕たちはCODE-Vです!』
メンバーの名前を叫ぶファンの声が響き渡り、会場は一気にCODE-V色へと変わります。

サンウ:最初の曲から、みなさんすごく盛り上がっていただいて、そして、こんなにたくさんの人に集まっていただき、
本当にありがとうございます。今日、僕たちCODE-Vは、また福岡のみんなに会えて、ここイムズホールでJuliet
さんとの“ツーマンライブ”が出来てホントに嬉しいです。今日はCODE-Vのファンのみなさんと、Julietさんのファン
のみなさん、みんなでひとつになって盛り上がっていきましょう!!

そしてそれぞれの自己紹介へ。

ナロ:みなさん、こんばんは!僕はCODE-Vの太陽より(会場から:熱い男!)ナロです。よろしくお願いします。
ソル:みなさん、こんばんは。僕はCODE-Vのイケメンギャグマシーン、ソルだぉ!みなさん、今日は最後までよろしく
お願いします。


©FAEP

サンウ:福岡のみなさん、こんばんは。こんなに暑い時はたまにはやんちゃになりたくなる、CODE-Vのやんちゃな
リーダー、サンウと申します。よろしくお願いします。
ルイ:僕はCODE-Vの前も後ろも向かない、上向き王子様ルイです。よろしくお願いします。

この日も福岡は30度を超す猛暑日。

サンウ:東京もすごい暑いんですが、福岡もホントに暑い。汗がはんぱなくて。みなさん、こんなに暑い時は水分補
給が大事なので、水分をたくさん取ってください。
ナロ:以上、サンウ君の健康キャンペーンでした。

ナロからのすばやいツッコみが入り、会場は大爆笑。日頃から健康に気遣うメンバーの様子も伝わります。
続いて、「この熱い夏にぴったりのアカペラを」と聴かせてくれた1曲。

♪『真夏の果実』(アカペラ)

「アカペラ1曲じゃ足りないんじゃないですか?」とファンに問いかけるルイ。「足りな~い」との声に応えて「僕たち
CODE-Vがみなさんに伝えたい気持ちを込めた曲です。」とCODE-Vのオリジナルアカペラ『Song for you』を披露してくれました。

♪『Song for you』(アカペラ)

4人の声だけで作り上げる絶妙なハーモニーが会場を包み込みます。メンバーがお互いの目を合わせながら、また会場のファン1人1人をしっかりと見ながら、気持ちを音にのせて伝えていきます。

♪『何度サヨナラを繰り返したら僕らは強くなれるの?』
♪『14ヶ月』
♪『君がくれたもの』

 ©FAEP

ソル:ここで雰囲気を変えて、僕たちCODE-Vからみなさんにホントにいいお知らせがありますよね?!王子様!
ルイ:ホントにいいお知らせがあります。僕たちCODE-Vの2ndライブハウスツアーが決定しました!!!
ソル:ツアータイトルの名前がヤバいですよ!タイトルは【2ndライブハウスツアー2013~みんなで歌えばはんぱ
ナイス!~】このタイトル、ホントに気に入ってるんです。
ナロ:ずっと言ってたもんね。
サンウ:今回は日本全国15か所、九州は3ヶ所でライブがあります。長崎、熊本、そして福岡です。福岡は10月
27日(日)ここイムズホールでありますので、みなさん是非よろしくお願いします。
ナロ:12月6日には、僕たちCODE-Vの武道館でのワンマンライブも決定しました。特別に今日、この会場で武道館でのチケットを買う事が出来ますので、ここで完売したい・・・
ソル:ホントですか?
ナロ:完売したいという気持ちで・・・。ぜひみなさん、遊びに来てください。

♪『Go』
♪『僕が僕らしくいられるように』

途中、ナロとソルはステージを飛び出しファンのすぐそばへ。タオルパフォーマンスや掛け声などファンとの垣根を超えて会場がひとつになって盛り上がります。


©FAEP

ソル:さすが、福岡(ファンも声を揃えて)“はんぱナイッス”

ソルとファンの声がぴったりと重なり、ソルからは満面の笑みが。

ソル:次の歌は、僕たちCODE-Vの8/6発売「約束」を歌いたいと思うんですが、僕たちCODE-Vは日本に来て2年くらい活動しながら、嬉しい事や辛い事、ホントに色々な事があり、正直、歌う事が難しい時もありました。その度にみなさんからの応援のメッセージや、そして「いつまでのみなさんのそばで歌います」という約束に支えられてきました。この曲は、今、僕たちCODE-Vのそのままの気持ちを伝えたかった曲です。

♪『約束』

ルイ:みなさん、今日は来てくださってありがとうございます。僕たちCODE-Vはどんな事があってもみなさんのそばで歌います。これからもずっとCODE-Vのそばで応援をよろしくお願いします。

♪『Why do you remember』
♪『Addiction~君なしには生きられない~』

「みなさん、今日は来てくださって本当に本当にありがとうございました。これからも僕たちCODE-Vは初心を忘れずに日本での活動を一生懸命頑張りますので、引き続き僕たちCODE-Vの応援をお願いいたします!

最後はリーダーのサンウがしっかりと締めてくれました。福岡に来てくれる毎に、ますます男らしくカッコいい姿を見せてくれるCODE-V。10月のライブでは、どのような姿を魅せてくれるのか期待せずにはいられません。
(文:宮崎聡子、写真:森下恵美子)

★ライブ終了後、楽屋にて。ステージでの疲れを少しも感じさせないほど元気に迎えてくれたCODE-Vの4人。
 リラックスした雰囲気の1枚。©FAEP


★OFFICIAL SITE: http://code-v.net/ 
★twitter:https://twitter.com/codev_official
★Blog:http://ameblo.jp/codev-official/ 
★facebook:https://www.facebook.com/codev.official




275 274 273 272 271 >>