イベント情報 お知らせ  イベントレポ  ふくおか!  FAEPについて  免責事項 問い合わせ

イベントレポート

(2013/4/2)
Zepp presents
パク・ジョンミン/ ROMEO シアトリカルツアー 2013
Act1 パク・ジョンミン/Act2 ROMEO

2013.3.19 ZEPP FUKUOKA

同じ日、同じ会場に昼と夜それぞれに2人のアーティストがやってくるとの事で取材へ行ってきました。
2人で完成させるシアトリカルツアー、昼公演に出演するのはパク・ジョンミン。夜公演はROMEO。
ジョンミンの可愛さを語る人もいれば、ROMEOのクールな魅力に目が離せないという人もいて、会場には幅広い
年齢層のファンが押し寄せていました。

<Act1 パク・ジョンミン>

「よーきんしゃったね、福岡へ」と博多弁を交えながら、たっぷりのMCで会場を盛り上げるジョンミン。
通訳や司会者は無し、彼一人で客席とのやりとりも含めて全て日本語でした。
途中時々日本語を間違えてしまうのもご愛敬で、ファンから教えてもらう場面も。

©yamaha A&R, inc.

そしてこの日はファンの要望に応えて、歌もたっぷり。全部で17曲を披露してくれました。
中でも「浅い夢の果て」と「ホシゾラ」はファンから投票された曲の中でも人気の曲で福岡限定の曲だそうです。

彼が後輩のガールズグループRAINBOWに提供した「Kiss」では可愛いダンスを披露すると、終わった瞬間ファン
から「(可愛くて)恥ずかしい!」と声が上がりました。それを聞いて「え?お前が?恥ずかしいのは俺だよ?」と切り
返すとファンからは大歓声が上がっていました。
可愛いのに時々見せる男らしさがファンにはたまらないようです。


©yamaha A&R, inc.

衣装チェンジの際ステージのモニターには、福岡へ来てすぐに撮影した映像や、ドラマ『シュガーケーキガーデン~
翻糖花園~』のロケの写真がたくさん写し出されました。
そしてバンドメンバー紹介の際にはメンバーにギャグを無茶ぶりするなど、歌以外の場面でも本当に和やかで笑顔
たっぷりの彼を見せてくれました。明るく朗らかな彼からは春の暖かなイメージを感じました。


©yamaha A&R, inc.

<ACT1 セットリスト>

M1 NOT ALONE(日本語Ver.)
M2 Gara Gara
M3 君色 LISIMOドラマ!Ver.
M4 クリッタ
M5 壊人 Hwairun
M6 浅い夢の果て(福岡限定曲)
M7 ホシゾラ(福岡限定曲)
M8 Only Me
M9 ハミョヌンアンデ
M10 Kiss
M11 Beautiful(アコースティックVer.)
M12 Tender
M13 二人
M14 君は知ってる?~届かないメッセージ~

M15 君を歌う歌
M16 Alice
M17 Beautiful




<Act2 ROMEO>

「さっき裏でROMEOにちょっと会ったんだけど、彼もすごく楽しみにしてたよ。一緒に歌ってあげてね。」
と昼公演でジョンミンが紹介していたROMEO。
まだ謎が多い彼の登場をファンもそわそわと待っている様子でした。
ジョンミンの時とは、また違うメンバー編成の生バンドがスタンバイすると、モニターに白い衣装のジョンミンが。そこへ
真っ黒な衣装に身を包んだROMEOが現れ、彼をそのまま取りこんで行きます。思わずファンも見とれて声も出な
い様子です。そしてステージにもROMEOが登場。1曲目から激しいロックで聴かせてくれます。黒のタンクトップの
上にはハードなレザージャケット。少し挑発するような表情を見せながらシャウトしていきます。


©2013 ROMEO PROJECT

全部で14曲を歌い上げたROMEO。この日はダンスナンバーは無く、ROMEOというアーティストの歌に酔いしれ
させるというステージでした。
ミステリアスな彼らしく、MCは全くありません。そして笑顔も。途中に水を補給する時ですら、ジョンミンが客席を
ニコニコと見つめながら飲んでいたのと対照的に、背中を向けたままでした。
曲が終わる度にモニターに現れるROMEOも一切の声を発することはなく、それでもROMEOの苦しみや悲しみ
が伝わってくるような映像で、それがまた彼の歌声とリンクするとストレートに歌が胸を震わせるような気がしました。

最後の最後に静かな声で一言だけ「ありがとう。」と言ってステージを去ったROMEO。
触れると危険な感じがするのに、触れずにはいられない、目が離せなくなる。
ジョンミンとは全く別の魅力を持ったROMEOは、そんなイメージを漂わせるアーティストでした。

©2013 ROMEO PROJECT

この日は両方の公演を見たというファンが多かった様子で、2人の対照的なアーティストにファンの気持ちも揺れて
いるようでした。一番近くにいる2人がお互いをライバルとして高め合っているのだと感じとれたライブでした。

<ACT2 セットリスト>

M0 Until The End Of Time
M1 Tonight’s The Night
M2 Taste The Fever
M3 Until The End Of Time
M4 Sin
M5 One More Night
M6 LOVER’S SPIRIT
M7 Give Me Your Heart
M8 DEVIL
M9 No Turning back
M10 Hide And Seek Love
M11 Voyage
M12 君を、守りたい
M13 Dream Out Loud
M14 Until The End Of Time
M15 Sin



(文:森下恵美子)
※写真はすべて3/22(金)Zepp DiverCity公演時のものです。



(TOPへ) << 240 239 238 237 236 >>