イベント情報 お知らせ  イベントレポ  ふくおか!  FAEPについて  免責事項 問い合わせ

イベントレポート

(2013/1/21UP)
キム・ヒョンジュン
Japan Tour 2013 “UNLIMITED”
2013.1.9(WED) さいたまスーパーアリーナ

©Digital Adventure

キム・ヒョンジュンのソロセカンド全国ツアー『Kim Hyun Joong Japan Tour 2013 “UNLIMITED”』が開催
され、彼の甘く力強い歌声に多くのファンが酔いしれました。
緑色のペンライトが美しく輝く中、ヒョンジュンが登場し、♪『HEAT』や♪『KISS KISS』などアップチューンで勢い
よくライブをスタート。♪『Smile』では最後のおしりダンスの部分で場内が沸いたため、「さいたまにお越しの皆さん
は歌を聴きに来たのではなく、他のものを見に来たのかもしれませんね(笑)」と笑顔を見せ、客席を左右に分けて
声援の大きかった方で再びおしりダンスを披露すると、割れんばかりの黄色い歓声が上がりました。

前日に行なったサイン会で、ファンから「『僕の頭が悪くて』を歌ってください。」と書かれた手紙を受け取ったそうで、
「皆さんのリクエストにすぐに応じることができるのがバンド公演の魅力ですよね。今回のライブでは、皆さんとの触
れ合いを大切にしたいと思っています。」と、同曲を熱唱。サイン会の後に『僕の頭が悪くて』を練習したというエピ
ソードも明かされ、常にファンの愛に応えようとする彼の想いが込められた最高のプレゼントとなりました。


©Digital Adventure

SS501の曲を歌うと会場のボルテージはさらに高まり、「昔の曲を皆さんがお望みであれば、もっとたくさん、もっと
素敵に歌えるように努力します。聴きたい曲があればメールを送ってください。ハッキングは勘弁してくださいね(笑)」
と無邪気に話すヒョンジュン。彼の優しさに、会場は感動の拍手に包まれました。その後、歌うと気分が良くなると
いう♪『君も僕と同じならば』、ファンが一斉に紙飛行機を飛ばして一体感が生まれた♪『僕は君のもの』を披露。
会場が揺れるほどの大きな「ヒョンジュンコール」に応えて、再びステージに登場した彼は、「遠くにいる方も、僕のことがよく見えるステージになると思います。」と宣言していた通り、アンコールではフロートに乗って場内を一周。丁寧
に客席を見渡しながら歌う姿に、ファンは大興奮でした。

予定されていた曲が終わった後もアンコールが鳴り止まず、「本当に本当に最後の曲です。」と、もう1曲サービス
する場面もありました。「本当に楽しかったです。すべて皆のおかげだと思います。寒いので風邪を引かないように
気をつけて。次の公演で会いましょう。今回のアルバム「unlimited」には「無限の可能性」という意味を込めてい
るのですが、今日この場で、もうひとつの無限の可能性を確信しました。2013年が幕を開けました。今年も前向き
な気持ち、明るい気持ちで、健康で幸せに過ごしてください。」と挨拶。最後は皆で「ありがとうございました!!」と
声を揃えて幕を閉じました。


◆キム・ヒョンジュンJAPAN OFFICIAL WEBSITE http://kimhyunjoong.jp/

◆DATV http://datv.jp/



(TOPへ) << 225 224 223 222 
221 >>