イベント情報 お知らせ  イベントレポ  ふくおか!  FAEPについて  免責事項 問い合わせ

イベントレポート

(2012/10/9UP)
キム・ヒョンジュン
HENECIA JAPAN 1周年記念 ドラマ「都市征伐(原題)」メモリアルイベント
─ 10/4(THU) 日本武道館 ─

10月4日、キム・ヒョンジュン日本公式ファンクラブ『HENECIA JAPAN』の発足1周年を記念して日本武道館で
開催された、ドラマ「都市征伐(原題)」のメモリアルイベントにキム・ヒョンジュン、チョン・ユミ、ヤン・ユンホ監督が出
演し、ドラマの最新映像と共に撮影秘話を語りました。


©Digital Adventure

ファンの「リダ!!」という呼び声に応えてステージに姿を現したヒョンジュンは、日本公式ファンクラブが1周年を迎えたことについて「心からお祝いしたいです。1周年と言わずに100周年を迎えたいですね。100周年のときも皆さんと
お会いしたいので、お互いのことを思いやり、僕はいい演技といい歌をお聴かせして、皆さんはいい食べ物といい
お薬を飲んでずっと元気に過ごしてください。」と茶目っ気いっぱいに話し、会場は笑いの渦に。彼が視線を移す
たびにその先にいるファンから大きな歓声が沸き上がりました。

同イベントでは、「都市征伐(原題)」のダイジェスト版を世界初公開。迫力満点のアクションシーンあり、ラブ・ロマンスあり、スケールも大きく見どころ満載でした。上映中は、ヒョンジュンがたくましい肉体を披露しているシーンや
チョン・ユミとのキスシーンに会場からどよめきが起き、司会を務めたYumiさんによると舞台裏で見ていた出演者は
ファンの反応に大爆笑だったそうです。

その後、登場したチョン・ユミ、ヤン・ユンホ監督がそれぞれ日本語で挨拶。自身が演じる役柄についてチョン・ユミ
は「イ・ダンビは明るくて前向きで、ヒョンジュンさん演じるペク・ミルのことを心から愛しています。彼を取り囲んでいる暗い世界を明るく照らすことができる唯一の人物だという気持ちで演じています。」、ヒョンジュンは「ペク・ミルは荒々しい人生を生きてきた人物ですが、愛する女性ダンビと出会うことによって心の痛みが癒されていきます。ところが、あることをきっかけに彼女が死んでしまったのではないかと誤解し世の中に復讐をする人物です。」と説明。

日光江戸村で撮影されたシーンでは女性用の和服姿を披露したヒョンジュン。彼が女装したシーンに話が及ぶと監督は吹き出し、またチョン・ユミは「女性として危機感を感じるほど美しかった。」と撮影当時を回想しました。
チョン・ユミも可愛らしい和服姿を披露しているので、そちらも必見です。主演2人の第一印象とは違う部分を尋ねられた監督は、ヒョンジュンのタフで男らしい一面やお酒が入ると可愛らしくユーモアがあるところに驚いたと明かし、チョン・ユミはサバサバしていて男らしく接しやすいが、撮影中はきれいすぎて困ることがあると回答。
ドラマの見どころについて「私たちは生きていく中で、もどかしい思いをすることが多々あります。法律では解決できないこともたくさんありますが、ドラマの中ではミルがミルなりのやり方で解決していきます。それと同時に愛をかなえるプロセスも描かれています。」と伝えました。

そしてドラマのメイキング映像が公開された後は、ヒョンジュンからファンへスペシャルライブをプレゼント。バンドの演奏に合わせて♪『Do You Like That』、♪『Lucky Guy』を歌い、会場は一気にヒートアップ。♪『僕は君のもの』では「僕がマイクを向けたら皆さんが「ナヌンニヨジャヤ」と言わなければいけませんよ。練習しましょうか?」と、観客が歌う前のパートから歌い出そうとしましたが「…歌詞忘れちゃった(笑)」と一言。チャーミングな素顔に思わずファンの顔がほころびます。練習の成果もあり、本番では息がぴったりでした。


©Digital Adventure

「ここ日本武道館という場所は、日本で音楽をやる人たちにとって、特別な場所だと聞いています。僕はまだ日本で新人ですが、武道館で歌うことができて本当に嬉しいです。すべて皆さんのおかげだと考えています。」と感謝を述べ、デビューして初めてのコンサートで歌ったというRADIOHEADの♪『Creep』、7月に発売した♪『HEAT』を熱唱。さらに12月に日本でファーストアルバムが発売されることを発表すると、ファンが持つ緑色のペンライトが一際大きく揺れました。彼のステージを裏で見守っていた監督は「去年の横浜のステージも観ましたが、とても成熟したなと思いました。」と絶賛。

最後は出演者3人の「トシチョンボル(韓国語で「都市征伐」の意味)」というかけ声に続けて、ファンが「ファイティン!!」と叫んで終わりにするはずが、ヒョンジュンが「(韓国語ではなく日本語で)「都市征伐」にしましょう。」と提案するなど、ファンへの細やかな心遣いを感じました。撮影は来年の春まで続く予定だとか。イベント中に垣間見える
チームワークの良さがドラマに対する関心と期待感をさらに高めました。
(文:近田侑希)


2012.10.4 HENECIA JAPAN 1 周年記念 ドラマ「都市征伐(原題)」メモリアルイベント セットリスト

M1 Do You Like That
M2 Lucky Guy
M3
君も僕と同じならば
그대 나와 같다면 / クデナワカッタミョン
M4
僕は君のもの
나는 네 남자야 / ナヌンニナムジャヤ
M5 Please
M6 Marry Me
M7 Creep
M8 HEAT
M9 Lucky Guy



◆DATV 
http://datv.jp/



(TOPへ) << 
195 194 193 192 
191 >>