イベント情報 お知らせ  イベントレポ  ふくおか!  FAEPについて  免責事項 問い合わせ

イベントレポート

(2012/7/5UP)
台湾ドラマ『国民英雄-X』 DVD発売記念スペシャルイベント
2012.6.24.(SUN)イベントレポート

2012年6月24日(日)にジョセフ・チェン主演の台湾ドラマ『国民英雄-X』のDVD-BOX Ⅰ
<初回限定版>の購入者を対象にしたイベントが開催されました。
この日のMCは、イラン生まれの日本人タレント サヘル・ローズさん。TVのレポーターやラジオのパーソナリ
ティとして活躍している女性で、笑いを織り交ぜながらのトークは、イベント全体を盛り上げていました。

イベントのスタートは、今回のドラマで、ジョセフ演じるニュースキャスターの設定で「国民英雄-X」のBGMと映像が映し出され 、MCがキャスターとしてステージに登場。MCは、現在のトレンドである消費税から小沢さんと政治問題に触れながら、興奮気味な口調で
〝たった今、入ったニュースです。指名手配中のアン・ザイヨン(ジョセフ・チェンの役名)が、5月に日本に入国することを断念しフランス カンヌで、有名俳優と一緒に堂々とメディアの前に登場したようです。なお、指名手配されていたアン・ザイヨンは、何とこの日本に来たとのことです!“
と会場の笑いを誘いながら本題につなげ、お待ちかね本日の主役であるジョセフの登場です。
登場したジョセフは、〝みなさ~ん、コンニチハ!今は、アン・ザイヨンではなくジョセフです!”と笑顔で会場にあいさつをし、今回のイベントが、5月20日に開催予定だったのを延期して、カンヌ映画祭に行きましたが、婚約者(今回のドラマでミシェル・チェン演じるルオ・シャンシャンのこと)とハネムーンをしてきました、すみません・・・とお詫びの一言。
そして最初のコーナーは、ジョセフだけが知っている『国民英雄-Q』と題して、ジョセフへのQ&Aタイムです。

Q1. 最近、気になるニュースは何ですか?
A1. 天気が、とても気になります。何故なら、この間、上海に行った時、台湾も日本も台風になり、
もしかしたら日本に来られないのかと思ってとても心配でした。

Q2. ジョセフにとっての憧れのヒーローは?
A2. 子どもの頃は、消防士さんがヒーローでした。
でも、それ以上に、ヒーローだと思っているのは、〝ボクのお父さんです。

Q3. ジョセフが考えているマスコミや報道の役割とは何?
A3. マスコミは、芸能ニュースをちゃんと報道するべきです。社会のニュースも同じよう
に、きちんと真実を報道するべきことだと思います。

Q4. 親友との約束と大事な仕事が重なった場合、どちらを犠牲にしますか?
A4. 親友を犠牲にします。本当の親友ならきっとわかってくれると思います。
ただ、実際に、この仕事をしていると家族や友達と会う時間がなくなってしまうので、なるべく、会えるように
時間を作りたいと思っています。

Q5. ジョセフにとって、かっこいいって何?
A5. 責任感を持つということかな?父は、そういう人でした。責任を持ち、家族を第一に考えてくれて、とてもかっこいいと思います。僕も父を目指していますが、自分は、まだ、そうなっていないです。

Q6. ジョセフが、今、ガチで悩んでいることは?
A6. 今、悩んでいるのは、今日、用意しているサプライズを皆さんが受け取ってくれるかどうかです。


次のコーナーは『パパラッチ-X』。普段は、絶対に見られないジョセフの姿を収めた写真を紹介するコーナーで、2011年の名古屋で行われたファンミーティングで好評だったコーナーです。文章のみですが、どんな写真だったかは是非想像してみてください。

1. 1枚目は、真剣な眼差し姿・旅館でのゆかた姿・カジュアルな私服スタイルの姿と3カットのジョセフの写真がステージのスクリーンに映し出されます。写真の共通点は、いずれもゲームに夢中になっている様子です。何でも、ジョセフは、食事もそっちのけでゲーム三昧らしいです。この写真でのタイトルは、“衝撃!オタク姿”をパパラッチでした。この写真のゆかた姿でのトークでは、ジョセフは、ゆかたの下は何もはいていない、ということが発覚し、会場からは驚きの声があがります。その反応から、今後は、パンツもしっかりはくことを誓うジョセフでした。

2. 題して〝海辺で密会デート“。ジョセフが共演のミシェル・チェンと肩寄せあっての海辺での後ろ姿です。これは、カンヌ映画祭時の取材時のカットで、映画の設定は300年前で、ジョセフは音楽教師役。ミシェルは歌手で、その2人が恋に落ちる物語ということです。

3. 次は〝特大バーガーVSジョセフ“と題して、ジョセフが手のひら大の特大バーガーを盗み食いという写真です。実際ジョセフはこの特大バーガーを全部食べたということで、大食漢という一面が伺えたカットです。

4. 4枚目のカットは、〝オフの日なのにポーズを決めたくなるジョセフ“と題して、悲しいかな!?ついポーズをキメたくなってしまう性のジョセフは、プライベートではほとんどかけているというサングラスをして駅のホームでポーズを取って電車を待っているカットです。本人いわく、サングラスの下は、目をつぶっていると冗談を交えていました。また、キメポーズを取ってのリクエストに応えて、かっこよくポーズを取ってくれるジョセフです。

5. 最後は、取れたてカットということで、このイベントの前日に来日した日の様子を時系列に5枚の写真が映し出されています。1. 13:20 空港でアンソニーを待つ。2. 13:50 滞在先に移動。3. 14:20 到着してPCを開いていきなりゲーム。 4. 18:30 スタッフと乾杯 。5. 19:45 スタッフからプチサプライズとしてちょっぴり遅い誕生日パーティーをしてもらった写真。写真鑑賞の最後は、会場全体で、♪Happy Birthday♪を合唱してお祝い。


第二部は『国民英雄-X』の主題歌と挿入歌を歌っているシンガー アンソニー・ニーリーのスペシャル・ライブの時間です。
ステージに登場したアンソニーは、〝Hello, みなさん、こんにちは!“と挨拶をして、曲中に入る♪オー、オー、オー、オー♪という、かけ声を練習し、ドラマの主題歌「♪Happy Armageddon/末日快楽」を熱唱。ハイテンポなロックナンバーでパワフルに歌い上げます。続いて、様々な感情が盛り込まれているというLove Song「♪Brawl/纏鬥」。そして、別れる恋人を想っている男性の気持ちを表したピアノのメロディーが美しいバラード曲「♪The Last Embrace/散場的擁抱」をしっとり歌い上げました。この後、MCとアンソニーのトークタイムがあり、アンコールともいえる新曲を披露してくれました。


Q1. 日本はどこかに行かれましたか?
A1. 昨日は、109に買い物に行き、美味しいものも食べました。

Q2. 覚えた日本語は何ですか?
A2. 〝かわいいです!“ “X-JAPAN“

Q3. 初めての日本の感想は?
A3. 本当に楽しんでいます。こうした機会を与えてくれたジョセフには、感謝しています。

Q4. では、新曲の披露などはいかがですか?
A4. 先程の3曲は、1st アルバムに収録されていた曲ですが、今、ニューアルバムを発表したので、
そのアルバムから「♪wake up」を披露したいと思います。


新曲「♪wake up」を披露、会場も大盛り上がりのうちに終了です。
そして、ここで『大抽選会-X』と題して、再び、ジョセフとアンソニーの2人が一緒に登場。会場の中からラッキーなファン4名に、アンソニーからは、ギターで作曲する時に使っているというサイン入りピックとアンソニーとのツーショット撮影。ジョセフからは、Love HugとしてファンとのハグとLove Juiceとして、ファンと一緒に1つのコップのオレンジジュースを飲むというサプライズ・プレゼントでした。
抽選会後、ジョセフからは、本当に約束したイベントが実現して、古い友人に会えた感じです。また7月に来日しますので、皆さん、忘れないでください!また、今回のドラマでは、今までに見たことのないジョセフを見て欲しいです。今後も色々とやっていきますので、応援してくださいと挨拶。アンソニーからは、この仕事での来日とライブを楽しみにしていました。この会場のリハーサルでも、とても緊張していて中国語で伝わるのか不安でしたが、歌い出したら、皆さんの応援があって本当にうれしかったですと挨拶。

そして、この後は、第三部として、ジョセフからファンへの手紙とジョセフ画伯のお絵かきコーナーとして、ジョセフが描いた自画像、スカイツリー、ヒーロー、美味しそうなステーキなどがスクリーンに映し出される中、
ジョセフ&アンソニーが会場のファンひとりひとりと握手をして、アットホームなイベントは終了しました。

(文:五十嵐 砂利美)


◆『国民英雄-X』ノーカット版 DVD-BOX Ⅰ&Ⅱ 発売中! 各\18,900(税込)
◆『国民英雄-X』レンタル(全10巻・全30話) 好評レンタル中!
◆発売元:リッツプロダクション 販売元:東宝




『国民英雄-X』
「24」など海外ドラマファン必見!
不可解な謎が謎を呼ぶ怒涛のストーリー展開は、一度見始めたら止まらない!
守るべき味方は誰なのか?真の敵は誰なのか?
天国から地獄へ突き落された人気ニュースキャスターが見つけ出す真実の行方は?
【STOTY】人気キャスターの安在勇(ジョセフ・チェン)は身に覚えのない婚約者殺害の容疑を掛けられる。容疑者となり逃げ場を失った彼は監視カメラの前で言う。「この映像を見ているすべての人々に言う。僕が殺人犯ならお前らも共犯だ!」真実を追う安在勇、圧力を受ける報道各社、官民合同の機密プロジェクトの謎・・・。
全貌が明らかになるにつれ、安に危険が迫る。本当の味方はいったい誰なのか!?


ジョセフ・チェンが挑む社会派サスペンスドラマ!新たな魅力に注目!!
2010 年12 月の台湾放送開始前から、アジア各国で多くの関心が寄せられた社会派サスペンスドラマ。主演の人気キャスター安在勇(アン・ザイヨン)役を演じるのは、日本でもおなじみ『イタズラなKiss~悪作劇之吻~』『ハチミツとクローバー』の台湾版に主演したアジア各国で絶大な人気を誇るジョセフ・チェン。ライバルチャンネルの人間でありながら、事件を追ううち安の味方のようになっていく記者、洪小緑(ホン・シャオリュー)を演じるのは、出演映画『台北の朝、僕は恋をする(原題:一頁台北)』がベルリン映画祭でアジア映画賞、台北映画祭最優秀新人賞を受賞し、現在は歌手や女優業、CMにとひっぱりだこの実力派女優 アンバー・クオ。また、安在勇の婚約者役として映画『あの頃、君を追いかけた』で一躍人気となったミシェル・チェンが特別出演している。ラブコメディ作への出演が多かったジョセフ・チェンが新たに見せる大人の魅力と迫真の演技から目が離せない!

【CAST】
鄭元暢(ジョセフ・チェン)『イタズラなKiss~惡作劇之吻~』シリーズ
郭采潔(アンバー・クオ)『台北の朝、僕は恋をする(原題:一頁台北)』(映画)
陳妍希(ミシェル・チェン)
『あの頃、君を追いかけた(原題:那些年,我們一起追的女孩)』(映画)*2011 東京国際映画祭出品
李至正(リー・ジージェン)
周采詩(チョウ・ツァイシー)

【STAFF】
エグゼクティブプロデューサー:陳一俊 プロデューサー:江豐宏 黄宥驊 監督:江豐宏 宋東庭
脚本:陳惠貞 謝叔芳 制作年度:2010 年
製作:Sanlih E-Television 配給:リッツプロダクション



(TOPへ) << 160 159 158 157 156 >>