イベント情報 お知らせ  イベントレポ  ふくおか!  FAEPについて  免責事項 問い合わせ

アーティストレポート

(2012/6/20UP)



2012.6.16(SAT)-17(SUN)
大阪城ホール

2012年6月16日17日大阪城ホールにて、日韓アーティストが集結した音楽フェスティバル
『 LOVE-1 FESTIVAL SEASON 2 』 が開催され両日延べ16000人を動員しました。
FAEPは両日共取材をさせて頂きました。


CNBLUE (16日のみ)

©LOVE-1実行委員会

16日トップを飾ったのは、CNBLUE。
彼等のシルエットが観えた瞬間、会場のボルテージが一気に上がり 『 Hey you 』でステージがスタート。
Vo.ヨンファの『 オオサカ~ 』『 大阪スキヤネン!』『 ホンマにアリガトウ!』など、沢山の関西弁を披露し女性ファンの歓声を浚いその関西弁が『 可愛い 』との声が会場からも多く聞こえてきました。
『 in my head 』を含む計8曲を披露しファンを熱狂させました。

    ©LOVE-1実行委員会

Vo.ヨンファは、大きなステージを自由に駆け巡りながらパフォーマンスをし沢山のファンとコンタクトを取る姿を見せ、そして自身が主演したドラマ 『 オレのことスキでしょ!』のドラマファンミーティングが7月16日に開催決定したことをファンにアピールしました。
Ba.ジョンシンは、静かな情熱を自身のパフォーマンスに投影させている様に感じました。
いつもの様に束ねられた髪を振り解く姿がとても印象的でセクシーでした。
Dr.ミンヒョクは、3rd single 『 Come on 』が8月1日に発売される事を発表。
『 久しぶりのシングルなので、楽しみにしていて下さい! 』
待ちに待ったリリースの発表に、ファンからは悲鳴に近い歓
声が送られました。可愛いイメージのミンヒョク。
現在撮影中のドラマもとても楽しみです。
Vo.G.ジョンヒョン『 沢山LIVEがしたかったのに出来なくてとても悲しいけれど、これから沢山LIVEをしたいと思っているので一緒に頑張りましょう! 』

©LOVE-1実行委員会

独特のメロディラインを確立し韓国では勿論日本でも不動の人気を獲たCNBLUEの作り出す音楽は、
何処かノスタルジーを感じさせる反面、男らしく力強いロックで相反する楽曲が魅力を感じさせます。
沢山LIVEがしたいと言っていたジョンヒョンの言葉に期待しつつ、CNBLUEらしい楽曲と共にワンマンでこの大阪城ホールに立つ彼等の姿を早く観たいと思いました。


2PM (17日のみ)

©LOVE-1実行委員会

17日のトップを飾ったのは野獣系アイドル2PM。
『 Beautiful 』で登場した彼等に贈られたのは、女性ファンの驚く程の大きな歓声でした。まるで激しい
ラブコールの様なその歓声は、2PMの人気の高さを改めて実感させてくれました。『 Hands up 』を含め計7曲が披露。
『 Beautiful 』のセクシーなチェアダンスでファンを魅了し続けた2PM。彼等が喋る度に歓声は鳴り止まない状態に終始圧倒される事となりました。

©LOVE-1実行委員会

そして先日左腕を骨折してしまったテギョンから、
『 今回は僕の怪我でご心配をお掛けしてすみませんでした。 』
との謝罪の挨拶がファンに向けて行われ、その謝罪中もファンからテギョンへ、2PMへと、沢山の熱い声援が送られていました。
それはテギョンだけではなく2PMへの愛をファンの皆さんから強く感じた瞬間でもありました。
残念ながら今回怪我の為、テギョンのダンスパフォーマンスを観る事は出来ませんでしたが、他のメンバーのパフォーマンス中、彼の淋しそうな後姿がとても強く印象付けられ、次回は是非、彼等全員のパーフェクトなステージを観たい!と期待せずにはいられませんでした。


Happiness(16日17日)

©LOVE-1実行委員会

6人組ガールズパフォーマンスグループHappiness。『 DANCEアンセム 』でステージをスタート。
『 Kiss me 』を含む計4曲を披露しました。

なんとグループの平均年齢は15.7歳。全員が現役高校生とは思えない程の、大人顔負けのキレキレの
パワフルなダンスパフォーマンスと、個性的な歌声の2Voと、大人びたルックスが魅力のユニット。
既にEXILEのツアーバックダンサーを務めている彼女達。キラキラした表情でパフォーマンスする姿はとても初々しく、そんな彼女達のステージは、夢や目標を持ち前進して行こうという感覚が蘇るような一時でした。

6月20日に発売される1st album 『 Happy Time 』に収録の『 We Can Fly 』。この曲のパフォーマンスをしている彼女達はとても活き活きしていて印象的でした。
これからこの6人がどんな成長を見せてくれるのか、本当に楽しみです。


RAINBOW (16日17日)

©LOVE-1実行委員会

『 Gonna Gonna GO 』でスタートさせたのは、『 キラキラ7色のRAINBOWです! 』と初々しい日本語での自己紹介がとてもキュートなRAINBOW。なかでもヒョニョンのMCはとても面白く、会場を瞬く間に笑いの渦に巻き込みました。
デビュー曲『 Gossip Girl 』を含む計7曲を披露。

©LOVE-1実行委員会

ユニークな一面もみせた彼女達ですが、ダンスパフォーマンスではセクシーな姿を見せ、この時ばかりは
男性ファンの低音の歓声が会場に響き渡り、更に彼女達の代名詞とも言える『 A 』で披露された
"おへそダンス"は、特に歓声が大きかった様に感じました。
チラっと魅せるトークでの可愛らしさとパフォーマンスで魅せる大人っぽさのギャップは、男性ファンの心をグッと掴んで離さなかったのではないかと思います。
最後に男性ファンから沢山の『 ありがとう 』が彼女達に届けられました。


M.I.B (16日17日)

『 私だけがつらい 』で登場したのは男性4人組HIP HOPグループM.I.Bです。計2曲を披露。
流暢に日本語を操るメンバーに会場中がザワザワする中、Vo.カンナムこと 『 ナメカワ ヤスオです!』と自己紹介があり会場から拍手が送られていました。
以前、韓国グループの中で頑張っている日本人がいて、しかもそのグループはとてもカッコイイ、との噂を聞いた事を思い出し、歌を聴いてすぐに彼等の事だと確信しました。
面白さも格別で、とても盛り上げ上手だったこともあり、てっきり関西の出身なのかと思いきや、なんと大阪は初めてとのことで、本当にびっくりしました。
『 もの凄く日本語を喋ってすみませんでした。ナメカワ ヤスオでした。 』
そうしてユーモアたっぷりの素晴らしいステージは締めくくられました。
両日共、ヤスオ!コールが鳴り止まなかった事は言うまでもありません。
是非また次回、日本で逢える日を楽しみに待ちたいと思いました。


Leessang (16日17日)

©LOVE-1実行委員会

デビュー16年(ゲリ・ギル)ベテランHIP HOPグループLeessangが『 謙遜は大変だ 』で登場。
『 ballerina 』を含む計5曲を披露しました。

HIP HOPでありながらも、メロウな曲調に心地の良い違和感が耳に残り、思わず身体を揺らしながら口
ずさんでしまうほど癖になる、という現象を起こすほどの、流石ベテランの風格を感じさせたステージでした。

©LOVE-1実行委員会

トークでは、『 私は、ゲリです。日本では別の意味だと聞きました!』と会場の笑いを誘っていました。
円熟したパフォーマンスはもっと多くの方々にも体感して頂きたいと思いました。
是非、LOVE-1 SEESON 3で Leessangと共に会える事を期待したいです。


BENI (16日17日)

            ©LOVE-1実行委員会

『 crazy girl 』で登場したのは今回唯一のソロアーティスト、BENI。
若い女性にファッションアイコンとしても有名な彼女の衣装にも注目したいところです。
セクシーでありながら、ピンクのネオンカラーは彼女のパワフルさを象徴している様でした。

男性アーティストの楽曲に自身で英文歌詞を書き上げ、注目を集めたカバーアルバム『 COVERS 』から
『 Ti Amo 』を含む計9曲を披露。

©LOVE-1実行委員会

今回改めて実感したのは彼女のパワフルで抜群の歌唱力!『 もう二度と 』でのアカペラから始まるフレーズだけでゾクゾクさせられました。
さすがとしか言い様のない堂々たるパフォーマンスに、会場から聞こえてくるのは、
『 ヤバいっ!BENIヤバい!』 と、曲が終る度に絶賛する声が本当に多く聞こえてきました。
今後の彼女の活躍から目が離せません。


KARA (16日17日)

©LOVE-1実行委員会

16日17日両日共、トリを務めたのは先日ジャパンツアーを終えたKARA。
『 Step 』が流れ始めた途端、会場の熱気が最高潮になりステージに登場!日本でのKARA人気を見せつけるものとなりました。
『 JUMPING 』を含め計6曲を披露し、17日のみ『 Jet Coaster Love 』がアンコールで追加曲となり
披露されました。

©LOVE-1実行委員会

やはり彼女達の人気を位置付けた『 Mister 』では、一番の盛り上がり。
『 新しいKARAの素敵なアルバムを作って帰ってきます!』
スンヨンの言葉にファンの皆さんの歓声は鳴り止まない状況でした。
本当に可愛い印象のKARA。17日は鳴り止まないアンコールに応え『 Jet Coaster Love 』をファンの
皆さんにプレゼントし退場しましたが、それでも鳴り止まないアンコールに再度登場、最後の挨拶してファンを喜ばせました。新しいアルバムでカムバックする日が本当に楽しみです。

©LOVE-1実行委員会

そして今回、アーティストパフォーマンスの合間に行なわれたのは、BMXやブレイクダンスそしてVDJの
パフォーマンスの融合でした。DJ Ta-shi&DJ Kaz MIYAYAMAのプレイはとても楽しく、K-POPは
勿論ですが、洋楽ともMIXされ、その中でもFarEast Movementなど話題のアーティストの曲も聴く
事が出来、退屈を感じさせない満足感でした。
次回はどんなLOVE-1のステージが観られるのかLOVE-1 SEASON 3を楽しみに待ちたいと思います。

(文:久保哲子)
                                                               

LOVE-1 FESTIVAL SEASON2 セットリスト

  ■CNBLUE(16日のみ)
① Hey you
② Voice
③まだ愛してる
④ Rain of blessing
⑤ one time
⑥ where you are
⑦ get away
⑧ in my head

■2PM(17日のみ)
① Beautiful
② Heartbeat
③ Don't stop can't stop
④ I'm your man
⑤ I can't
⑥ 10点満点に 10点
⑦ Hands up

■ Happiness(16日、17日)
①DANCE アンセム
② kiss me
③ Body&Soul
④ Wish
⑤ We Can Fly

■RAINBOW(16日、17日)
① Gonna Gonna Go
② To Me
③ Mach
④ Sweet Dream
⑤ Gossip girl
⑥ KISS
⑦ A

■Leessang(16日、17日)
①謙遜は大変だ
② TVを消したな
③ゲリと ギリ
④ clown
⑤ ballerino

■BENI(16日、17日)
① crazy girl
② stardust
③ KISS KISS KISS
④もう二度と
⑤ Ti Amo
⑥ la la la love song
⑦ My World
⑧ Darlin
⑨ユラユラ

■KARA(16日、17日)
① Step
② LUPIN
③ SPEED UP
④ JUMPING
⑤ GO GO SUMMER
⑥ Mister
⑦Jet Coaster Love(17日のみ)



(TOPへ) << 160 159 158 157 156 >>