イベント情報 お知らせ  イベントレポ  ふくおか!  FAEPについて  免責事項 問い合わせ

イベントレポート

【アーティストレポート】

会いにける韓流スター?!DANJO k-men's



今、会いに行けるアイドルが大人気だ

確かにどこにでもいそうな女の子がステージの上でキラキラ輝きそれをごく近い場所から応援できるいわゆる秋葉系男子じゃなくも夢中になるのはおかしくないそしてこ福岡でも、『会いに行けるグループが街を騒がせているしかもかなりのイケメン、そして全員が韓国のモデルだというまさに「会いにいける韓流スター」だ

でも彼ら決してどこにでもいるような男の子ではない全員が身長185センチ以上とそれだけでも十分な迫力であるのにそれぞれが韓国でモデルとしての基礎をしっかりと築いており、そこにいるだけで女性は目を奪われてしまうそんな彼らが天神をウォーキングしているのだ想像しただけでも圧巻。そして彼らの後ろを女の子たちが付いて回る姿が想像できてしまうついていかないまでも、すれ違えば必ず振り返ってしまうだろう

 実際9月から不定期ではあるが行われてきたウォーキングには回数を重ねるごとにギャラリーは増えている。1度帰国し、再度日本に戻ってきたには空港までお出迎えに行ったファンの子たちもいるほどだそして何よりの彼らの魅力はそのギャップ9月に行われたFACOに参加し クールなイメージでステージ上を闊歩していたかと思えばファンの子たちとの触れ合いやメンバー同士のじゃれあいの中で、ふと見せる無邪気な笑顔そういうところに女性は弱い
そして、ファンがブログやツイッターなどで彼らの事を語る時みんなが「やさしい」と表現するモデルという職業柄普通はクールやカッコいいといった、その姿を表現することが多いように思うしかし彼らのファンは彼らの内面に惹かれているのだ


  洋服に着られるのではなく、
  パフォーマーとしての自分を出す事が重要

『これからどうしたいのか?』モデルでいくのかそれとも俳優になるのかスタッフ彼ら話し合ったそうだモデルというのはあくまで<洋服>をいかに良く見せるかというのが仕事彼らとスタッフが出した答えは「自分はこういう男だ、と丸裸の自分をどう表現していくかに挑戦していこう、洋服に着られるのではなくパフォーマーとしての自分を出す事が重要だという事。だからこそ彼らはウォーキングには自前の衣装で歩く

『自分はこういう服が好きで、こういう着こなしがカッコいいと思う。』と、
自らを表現しながら彼らは歩いているのだ。
 

  
丸裸の自分を見てもらう

彼らの内側をもっと知ってみたいそう思い彼らの稽古場に足を運んだ

     

現在21日に西鉄ホールで開催されるクリスマスパーティの稽古の真っ最中ガラス一枚隔てたこちら側まで発声練習の声が聞こえてくるスタッフに思わず聞いてみた
「彼らはお芝居の経験があるんですか?」答えはNOメンバーの中にはお芝居の経験者もいるがほとんどが未経験本当に?こんなに響き渡る発声をしているのに?そう思わずにいられなかった。今まで韓国の仕事はモデルが中心時々アーティストのPVなどに出演はしているものの本格的にお芝居をするのは初めてという。その真剣な目からは、とても強い意志を感じた

韓国のモデルは事務所などに所属せずに、個々で活動する。最初に、韓国の街中を歩いていたMINHO(ミノ)声をかけた北原プロデューサー。そして1人が4人になり、4人が10人になりそれが今は準メンバーも含め12人のグループとなった

 モデルのグループしかもメンバーはすべて韓国人で拠点はここ福岡全てが異例で初めての事彼らはもちろんスタッフも手探り状態でここまで来たまずはとにかくウォーキング。『テレビや雑誌などへの露出はでもいい彼らが天神の街を歩くことで覚えてもらい、そしてそこからムーブメントが起こってくれればいい。
スタッフの思惑はズバリだった




SEO DONG KYUNGソ・ドンギョンインタビュー

稽古で忙しい中一番日本語が堪能だというDONG KYUNG(ドンギョン)さんに話を伺うことができた

FACOに出演していた姿や、HPなどで見ていたモデルの彼とはまるで違う、目の前に座るのは謙虚で礼儀正し青年それが彼の第一印象だった。そして、ゆっくりとやわらかい声で自己紹介をしてくれた。流暢な日本語はアニメなどを見て独学で覚えた言い「子供みたいでしょ?」と笑うこんな無邪気な笑顔にファンはきっと弱いのだ。スタッフが「彼は耳がいい感がいい」と褒めると「耳だけです」とはにかん見せた

今回のイベントに向けてお芝居の稽古をしている彼ら彼らは何を目標にして どこへ向かおうとしているのだろうドンギョンさんは「最終的には俳優になりたいと思っています」と答えたでもまだ今は色々仕事をやっていきたいK-men'sとしてチームとしてやっていきたいそう言いながらも「目標はSMAPならキムタク、嵐なら松潤みたいにチームの中で一番になりたい」と目をキラキラさせて笑った

 オフの日には何をしているんですか?』と、ファンが是非聞いてみたいであろう事項を用意していたもののスケジュールを見ればそんな時間の余裕は無い事が明らか毎日夜遅くから、朝早くまでレッスンとウォーキングそれでもメンバー同士で共同で生活しながら自炊したりと楽しみを見つけているようだ

   

またドンギョンさんはお酒を飲むのも大好きだそう「お酒は雰囲気も好き、お酒を飲むはそれだけに集中できてストレスもないからと言う。実は彼、スタッフのブログでパチンコをしている姿がアップされているまだまだ 色んな魅力が隠れているようだ

 DANJO k-men'sスタッフ&メンバーはとにかく仲がいい。日本の若い世代とは違い、親や目上の人を敬う気持ちが強いせいもあるのだろう。もちろんスタッフから注意を受けることもあるでも彼らはすぐに素直に「ごめんなさいちゃんと頑張りますありがとうございます」と襟を正すお互い外国人で分からない事も多いので、そこはきちんと歩み寄ろうと心がけているそうだだからなのだろうスタッフと彼らの家族のようなをとても感じるお兄さんと弟のような父親と息子のようなそんな愛に囲まれて彼は人間としての成長もしているのだ

(文:森下恵美子)


DANJO K-men'sストリートウォーク取材はこちらです!→

DANJO K-men's X'mas Special Party
20101221日(火)西鉄ホール


①開場1400 開演1430~②開場1830 開演1900
◆前売指定席4500円(税込) ◆前売自由席4000円(税込)

チケットについてのお問い合せはコチラ 

その他情報

     
 JANG KEUN-SUK JAPAN OFFICIAL FANCLUB 

チャン・グンソク
ジャパン オフィシャル ファンクラブが新しくオープン!

http://www.jang-keunsuk.jp




(C)フラウ・インターナショナル

2010年11月15日(月)正午に、韓国俳優 チャン・グンソクの
日本公式ファンサイト「チャン・グンソク ジャパン オフィシャル ファンクラブ」
JANG KEUN-SUK JAPAN OFFICIAL FAN CLUB)をオープン!


■ サイト名
【JANG KEUN-SUK JAPAN OFFICIAL FANCLUB】
チャン・グンソク ジャパン オフィシャル ファンクラブ

■ サイトURL
http://www.jang-keunsuk.jp

■ サイト制作・運営
株式会社フラウ・インターナショナル

■ 会員特典
1. 会員カードの発行 2. 入会記念品のプレゼント 3. ファンクラブ会員限定ページの閲覧  
  (動画、ギャラリー、会員限定ニュース、特別企画ページ、掲示板、壁紙ダウンロードなど)
4. イベント情報の先行ご案内 5. イベント・ツアーなどの先行予約
   (※上記イベントは、FRAU INTERNATIONAL CO.,LTD主催のものに限らせていただきます。)
6. メールマガジンの配信 7. オリジナルグッズ、会員限定グッズの販売
  ※上記会員特典は諸般の事情により事前の通知なく変更される場合がありますので、
   あらかじめご了承ください。

■ 料金
入会金  1,050円(税込)年会員  5,250円(税込)



(TOPへ)
 << 15 14 13 12 11 10 >>