アジアエンタメ  福岡タウン情報  イベントレポ  FAEPについて  問い合わせ  免責事項  お知らせBBS

イベントレポート

(5/1)


Girls Award  ユニクロ「UT」モデル出演 


4月29日東京代々木体育館にて【ガールズアワード】が開催され、DANJO K-men'sもユニクロ「UT」のステージに登場。K-men'sにとって東京初の大イベントとなりました。この「ガールズアワード」は2万人を収容。今回ユニクロのUTを着てのステージですが、なんと偶然にもミノがスカウトされたのは韓国のユニクロ店舗前だったそうです。これもユニクロとの何かの縁なのかもしれませんね。


ガールズアワード会場前に、モデル全員で東北地震の募金活動にジヒョク、ミノ、サンヒョク、ジョンウォン、ドンギョン、キューが代表で参加しました。しかも女性トップモデル方の後ろに顔だけ見えるK-men's。この模様は29日夕方のニュースでも放送されたようです。


ガールアワード当日は、5時半に起床し7時には会場入りしたK-men'sは午前中にリハーサルをし、東京で初の大イベントにワクワクしながら出番を控え室で待っていました。


【控え室にて】


代々木体育館の控え室の天井は低く、身長187cm以上のメンバーも頭上に注意しながら休憩。メンバー全員が「日本、東京での初めての大きなイベントなので精一杯頑張りたいと思います。」とステージ前の緊張というよりも楽しもうという雰囲気が伝わりました。控え室ではヘアメイク担当の方々とも韓国の話などでいつものk-men’sでした。







メイクルームでは、ジェイドがヘアメイク中・・・ワイルドな仕上がりでした。





ドンギョンのヘアメイク後・・・女の子みたいとメンバーにも言われて苦笑い。


            


【控え室の外では】


男性モデル楽屋前・・・キラキラチームというのは、メンズモデル担当のヘアメイクの金太郎先生の手書き。震災などで暗い世の中だからせめてメンズモデルはキラキラ光っていようということから”キラキラ”と・・・キラキラの前のジヒョクも輝いています。





同じ楽屋のメンズモデルさん達とゲームをしたり話をしたり・・・会話は英語と時々日本語でした。
控え室よりも外の通路でステージ前の時間を自分らしく過ごしているメンバー。





福岡や東京のファンからの差し入れをいただき、チョルジュがカツサンドを頬張ってました。





【ユニクロのファッションショーにて】


いよいよK-men'sのステージ・・・一番緊張していたのは私自身でした。
子供の晴れ舞台を待っている母のような妙な気持ち?










音楽が流れるとK-men'sが登場。流石韓国トップモデル達だ!モデル歩きに自然な笑顔に手を振るタイミング。くるっとターンも・・・さっきまでのいつものK-men'sではない。いや、本当はモデルなのだからモデル歩きも当たり前。しかし、大きなステージでのK-men'sはいつもよりもスケールが大きく輝いていました。これが本当のK-men'sの姿なのだと改めて実感させられた瞬間でした。初めてK-men'sを目にする会場の方々も手を振ったり「キャー」という女性の歓声も・・・ステージのK-men'sは、心から楽しみながら頑張っているのだと思いました。


【ステージでのトーク】


ユニクロのステージが終わり、ユニクロ出演者のトークステージ。MCは石田純一さんでしたので、京都のTV番組でも共演しているのもありリラックスムードでのトーク。まずはメンバー一人ずつ自己紹介がありました。中でもジョーの「アンニョンハセヨ」の言葉には会場からも「アンニョンハセヨ」とリピートがありました。ジェイドの「お目にかかれて嬉しいです。」とい丁寧な挨拶もありました。一生懸命に日本語の勉強をした成果ですね。石田さんからも応援の言葉があり、「韓国では中学生からずっとモデルをしていて日本ではモデルだけでなく俳優や歌などの活躍をすると思うので応援して下さい。」






ガールズアワードに出演する理由がユニクロのUTステージ”女の子をもっと楽しくもっと元気に”のスペシャルゲストの他にもう一つあるとドンギョンから説明。緊張して「今日本は大地震があり大変だと思います。3月11日K-men'sは東京にいて地震を経験し、とても怖い思いをしました。韓国ではあまり地震がない。地震が恐ろしく怖いものだと思い、韓国人として僕達も日本を応援したいし、辛い思いを感じたいと思います。」ここでK-men'sが着ているTシャツのオークションがあることをMCが会場で説明。


続いてユニクロのUTのTシャツの絵柄の説明がありました。
ジョンウォンとミノ着用は「ガンダム」背中の絵柄を会場に見せるジョンウォン。フーン、ジヒョク、キューは「ワンピース」。 ヨンチョル、チョルジュは「パイレーツ・オブ・カリビアン」。ジョー、ジャンウク、ジェイドは「企業コラボ」で明治カール、明治チョコレート、赤いきつね。ジョンギュウ、ドンギョン、サンヒョクは「ディズニープロジェクト」のTシャツでした。カワイイTシャツも着こなしてしまうK-men'sって素晴らしい。






K-men'sは日本のアニメで日本語を覚えているということをジョンウォン、ジヒョク、ドンギョンが話しました。私達が韓国ドラマを見ながら韓国語を覚えるようにK-men'sはアニメで覚えているのですね。でも本当に日本語が上達しました。





最後にみんなで「ガンバレ日本」と日本を応援しているということのエール。





【囲み取材にて】


約20分の囲み取材がありました。その結果が今朝の全国版新聞にK-men'sの記事が載っていました。K-men'sの今までの韓国、福岡での活動してきたことと今後の日本での活動希望として、俳優や歌などもしてみたいと話していました。”リーダーは誰ですか?”の質問に「リーダーが決まっていないけれど、家族のような関係なので気持ちが繋がっているのでK-men'sが成り立っている。」ユニクロのステージといこともあり「ミノがスカウトされた場所が韓国にユニクロ」「韓国でもユニクロは人気です。」とユニクロに関する話。


  


【ブースにて】


DANJO K-men'sグッズ販売。DANJO K-men'sのTシャツ購入者は、K-men's全員との写真が撮れるチャンス。ブース登場は2回あり、ブーズ前にはあっという間に女性が集まり写メを撮る姿が・・・「K-men'sの誰が好き?私はあの人よ〜」という声がブース付近では聞こえました。それぞれお好みのK-men'sを写メに撮っている会場の女性達が沢山いました。






【ガールズアワードの写真撮影シーン】


ガールズアワードの写真撮影がブースの控え室でありました。13名という大人数を写す場所にも限度があるようで・・・大人数で身長も高い、カメラにおさまるようにとギューギュー詰めの状態での撮影。


〜始まる前〜 



〜撮影開始〜



この撮影前後の状況。さすがトップモデルですね。プロの顔に早変わり。


夜の8時30分にガールズアワードが終了。K-men'sが会場の代々木体育館をあとにしたのが夜9時30分。K-men'sの日本、東京進出を果たした現場に同席でき感動でした。それと同時に日本での活動も楽しみになってきました。会場の方々だけではなく、同じモデルさんや業界の方々からも「どんな方なの?」とところどころで聞かれ説明しながら歩く自分でした。やはり13名が一緒に行動するので目立つこととオーラがあったのだと思いました。裏の控え室付近でも誰もが振り返る状況でした。でも、どんなに東京進出したとしても彼らの故郷は福岡なのですよね。福岡からいらっしゃっていたファンの方も・・・そして東京のファンの方もK-men'sで出待ちをしていただきメンバーも「福岡から来てくれて嬉しい」と喜んでいました。
FAEPでは引き続きこれからもK-men'sの活躍を応援していきたいと思いました。


(文:wolf)



Girls Award オフィシャルページ


DANJO-K-men's



k-men’sのブース出演前に大ステージではJYJのジュンスの双子の兄ジュノがステージに登場。
日本デビューが決まりお披露目です。








Girls Award 〜ユニクロUTモデル出演〜(5/1UP)
Age Stock in 渋谷O-EAST(4/29UP)
DANJO K-men's 1st Fan Meeting(4/22UP)
FBS取材◆ダンスレッスン風景(4/16UP)
DANJO K-men's独占インタビュー(3/12UP)
TOKYOレポート(3/9UP)
「K-POP ASIAN MUSIC WORLD」トーク&サイン会(3/9UP)
2/25以降のスケジュールはこちら!(2/22UP)
KBS京都「ビューティコレクション」でレギュラー出演中(2/11UP)
K-men'sを麻布十番にてジャック!(1/29UP)
DANJO K-men's X'mas Special Party(12/21UP)
突如天神の街に現れるイケメン集団(12/19UP)
DANJO K-men'sアーティストレポート(12/9UP)
DANJO K-men'sストリートウォーキングレポート(12/9UP)